FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


10157-1.jpg

これは ご覧の通り ハサミ はさみ です

私の持ち物にしては
いかにも子供っぽい色使いですが・・・

これは 紙専用の
いわゆる ピンキングはさみ
これで紙を切ると ふちがナミナミになります ぎざぎざぎざぎざ
娘達が小さい頃に買ったものですが
今でも 結構重宝しています
なんてことない紙も
これで切れば ふちがナミナミになって
なんとなく楽しい ハート

そして

10157-2.jpg

これが最近の マイブーム ハートの目
何だと思われますか?




これね 「パンチ」 です ダイヤ

ファイリングするときなどに
2穴のパンチを使いますよね
原理はあれと同じ
ただ 実用性よりも 娯楽性 (?) クラウン

10157-3.jpg

こんな風に ちょいちょいとパンチするだけで
キラキラシャンデリア模様キラキラのカードの出来上がり

ちょっとしたメッセージカードも
お家にある 普通の色画用紙を
ナミナミのはさみで切って
これをパンチすれば
なんとなく 出来ちゃう便利もの ピース
色の組み合わせを工夫して2枚重ねにすれば
とってもBrilliantゴージャスBrilliantになります

10157-4.jpg

これは 色画用紙の半端を適当に切った「しおり」

文庫本を買うと しおりがついていますが
何かの宣伝だったり 好みじゃなかったり
気にするほどではないけれど
「もうちょっと何とかなりませんですか?」 
と思うこと幾千回 ため息ふう…

身の回りにあるものでも
ちょっと工夫するだけで
自分好みになるものです
小さなことですが 嬉しいものですよ ハート


 ↓ 写真をクリックすると詳しいページに飛びます
     他にも 「薔薇」や「王冠」など かわいいパンチがありますよ



(大きな声では言えませんが
 私の知る限りこのショップが一番お安いようです)







皆様のお宅ではどんな食器棚を使っていらっしゃいますか?
引き戸タイプだったり 観音開きタイプだったり チューリップ

そこにお気に入りの食器が並んでいるのは
とても楽しいものですね キラキラ

ただ ちょっと油断すると
いつの間にか増えてしまうのも「食器」 

我が家は以前にもご紹介しましたが
いわゆる普通の「食器棚」はなく
ほとんどすべて キッチンキャビネットの
引き出しの中に入っています
そして グラス類だけが
シンク前の棚に収めてあります
先日グラスを少し買い足したので
入れにくくなってしまいました ふう…

一般的に食器棚の収納では
「棚板を増やす」のが効果的なことが多いもの
真っ白や真っ黒の棚板の場合は
ホームセンターなどで購入しても
あまり違和感は無いのですが
案外違和感がでてしまうのが「木の色」の場合 怒る

人間の目と言うのはとても優秀で
別々に見た場合は何も思わなくても
「ちょっと違う色」が並ぶと
とても大きく色が違うように感じてしまうものなのです じー
全く同じ色が希望なら やはり同じメーカーのものを
注文するほうが良いのですが それなりにコストもかかります

で おすすめなのは アクリルのコの字ラック

10139-1.jpg

これは無印良品のもの

仕切り用などで加工するときは
ホームセンターで買ってきますが
そこそこの重さの物を乗せる場合は
やはりそれなりの厚さが必要です
そうなると加工は難しいので・・・これは重宝しています
もし食器棚で使わなくなっても
他の場所で使うことも出来ますし
何より 大好きな「透明」だから
他の色の邪魔をしないのが嬉しい おんぷ

我が家のグラス類も 収まるようになりました

10139-2.jpg

ただ コの字ラックは
あまりたくさん使うのは考えもの
特にワイヤーのものなどは
なんだか所帯くさ~い食器棚になってしまいがち
そのときは棚板そのものの位置を考え直し
入れ方を変えたほうが良いですね

もちろん その前に
「その食器 持つべきか・持たざるべきか」が先ですよ クラウン

ラジオ出演

昨日 地元のラジオ番組に出演させていただきました

10101-1.jpg


後列中央がパーソナリティーのMUROさん
右隣がアシスタントの宮脇さなえさん
左は歌手のひみこさん
とても良くして頂いてありがとうございます
前列中央は私です ← おわかりですよね スマイル4

前半はカラーのお話 後半は整理収納のお話 

カラーのお話って ラジオでは難しいかな?
と思いましたが 楽しくお話をさせていただきました

インテリアの色が 人に及ぼす作用は色々ありますが
私は 個人的には
好きな色をお選びになれば良いと思っています
というのも
「この色は○○の作用があってこれは▲▲で・・・」
と 理論を振り回したとしても(笑)
好みでなければ ストレスは溜まるのです(笑)
色そのものを選ぶよりも
お選びになった色の より美しい使い方などが
オススメできれば良いかな と思っています
実際には 「何色の部屋」というよりも
「こんなイメージのお部屋にしたい」と仰って頂くほうが
快適な空間が出来ると思いますよ

ただ、そのカラーコーディネートを実現したとしても
お部屋が散らかったままでは台無し(笑)
ということで 整理収納のお話へ・・・

生活しているのですから 散らかるのは構わないのですが
片付ける場所がないのは 問題あり
お部屋も 女性も 
いつまでも 美しく暮らしていただきたいですね

だって 主役は 家でも 色でもなく
そこに暮らす人ですもの

あなたの持ちものは
あなたを輝かせるためにあるのです
あなたを輝かせるものを選んで暮らしてくださいね

美しい部屋に暮らす女性は本当に美しいのです キラキラ



7月になると一斉にバーゲンが始まりますね
欲しかったものがプライスダウンしていると
とーーっても嬉しいもの

私はデパートが大好き♪
独身のころは毎日のように
会社帰りに立ち寄ったものです

そこで利用しているのが「友の会」
一年間積み立てると1ヶ月割増で
お買い物券になるというアレです

私は満期を6月受け取りに設定
つまりバーゲン直前の時期に
資金が貯まるというワケです

10076-1.jpg


実はもう使いきってしまいました(笑)

もし2口設定するなら
満期を1口ずつ半年ずらすのがコツ
そうすると夏と冬のセールにあわせて
ちょうど貯金できます
銀行に預けてもこんなに高い利子なんて付きません(笑)
お買い物するデパートが決まっているなら
断然おススメです

満期受取りのときに下見をしておいて
セールが始まってしばらく経ってから
平日に行くのが私流

本当に欲しい定番のものは
定価で買いますし
セールだから買うというわけではないのですが
欲しかったものがセールになっていれば超ラッキー♪

つまり
何が似合うのか
自分自身でよーーーく知っておくことが大切
それと同時に
どんなお洋服を持っているかも♪

私はパーソナルカラー診断もしますが
はじめの一歩として 
似合う色を知るのはとても大切なこと
でもいつまでもそこにとどまっていたら
女性は進化しないのです
パーソナルカラーを知ることで
似合わない色をも 
どうすれば着こなせるのかを知る
それが大切なのです

だって
自分のパーソナルカラーのお洋服しか
持ってないなんて
つまらないじゃないですか(笑)

私、自身のパーソナルカラーでないお洋服
いーーーっぱい持ってます
大切なのは
顔色とお洋服の関係だけではなく
全体として
その女性が美しくなっているかどうか

だから私の持っているお洋服は
全部現役
私を「素の私」より
きれいに見せてくれるものしかないのです

それでもまだ買いましたよー(笑)
またそれは後日の機会に(^^)

 今年の夏の暑さも厳しく「いつになれば秋らしくなるのかしら」と思っていましたが、ここのところ、やっと朝晩涼しく感じられるようになりましたね。今日から10月、衣替えの季節がやってまいりました。昨年の9月22日のページにも書きましたが、サエコ流「衣替え不要論」服の絶対量を減らす・・・お試しいただきましたでしょうか?(笑)

48-1.jpg


 朝晩は涼しく、日中はまだまだ暑い日もある今日この頃、いきなり冬のような装いというのも辛いもの。季節は1日1日と流れるように移り変わるものですから、従来の衣替えのままでは、季節の境目に風邪を引いてしまうこともあります。衣替えをしないというのは、気温に適した洋服をすぐに着ることができますから本当にラクなのです。

 私のクローゼットをご覧になった方は一様に「これだけしかないの?もっとあると思ってた」とおっしゃいます。和服やロングコート・喪服などは別のところですが基本的には夏冬あわせてこれだけ、後はリビング横の家族共用の場所にジーンズと季節のTシャツが数枚あるくらいです。

 「洋服を処分したいけど、どれもまだ着られるし…」という方も多いと思います。それはあまり袖を通していない服ではないでしょうか?きっと傷みもほとんどないのでしょうね。しかし、大人の女性の洋服に関して言えば、「自分はそれを着てデパートに行けるだろうか?」と考えたなら答えは簡単に出るはず。もし気後れするようなら日常着に下ろすか、処分するかどちらかにしないと、いつまでも雑然としたクローゼットの生活からは逃れることができません。

 私が洋服を持つ基準は、
①「自分のスタイルが良く見えるもの」
②「自分の顔色がくすまないもの」
③「バカっぽく見えないもの」 そして
④「大切に扱えるもの」

 ①・②はどなたにも当てはまる基準の目安ですが最優先は①。スタイルが悪く見える服はどんなに似合う色でも着てはいけません。③は私のイメージやスタイルを活かすためのもの、そして④はもちろん大切に「しまっておく」のではなく、清潔に保ち、いろんなコーディネートで楽しみ、私なりの服の寿命まできちんと管理できるもの ということです。

 こうして絶対量を減らしたなら、あとは収納するだけ。カラーコーディネーター・サエコ流のクローゼット管理法は

・まず、吊るすものとたたむものに分ける。
・次に、色別に分ける。

 以上です(笑)

 とりあえずここまでできれば、いわゆる「ズボラさん」でも大丈夫!
 なぜかと申しますと・・・

 私も昔はズボラさんでしたから、クローゼットが散らかる理由がよぉ~くわかっています。ズボラさんは洋服を最初に「洋服の種類」で分けると必ず挫折します。吊るしたいのか、たたみたいのか、そこからスタートしなければ、元のようにしまえないからです。「色」で分ける事のメリットは、自分の持っている洋服を【記憶】に残しやすく、同じような洋服の増殖(?)を防ぐ、つまり衝動買いや重複買いがなくなり、将来的に洋服の絶対量を減らすのに絶大な効果があるのです。 

48-2.jpg


 私の場合は、黒いもの・白いもの・茶色いもの・グレーのもの・赤いもの・他の色のものと分け、これらをまとめて吊るしたり、引き出しに入れたりしています。真夏に冬物を着ることはありませんが、真冬はインナーとして夏物を活用したりしますから、夏物・冬物、無関係!この方法が私にはベストです。

 洋服に限らず、物を処分しようとすると、たいていの人は躊躇するもの、ついついお金に換算したりしてしまいがちなものです。あまり着なかった洋服はなぜ出番がなかったのでしょうか?本来自分がなりたいイメージとは違うものを買ってしまっていたのかも、またセールだったから買っちゃっただけかも・・・。これまでの事は一種の「授業料」と割り切り、今後は、自分を良く知り、賢い洋服選びをすることで、衣替えをしなくて済むようになります。その時間や手間を有意義に使って素敵な毎日を過ごして下さいね。

48-3.jpg


««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»