FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


10209-1.jpg

先日 このようなお知らせのハガキをいただきました ポスト

「3人展」 クローバー

私の中学3年生のときの担任の先生は
美術の先生でした 絵の具パレット
その先生が描かれた絵の展覧会です

「第40回」とありますが
これは 年に一度なので
40年間続いている ということになります 電球

案内文には
「3人展は今回を持ちまして終了」
とありました

この展覧会は
先生に会えるのはもちろんですが
当時の同級生が集まる
とても楽しい場にもなっています ♪

ご案内をいただいたとき
ちょいとヤボ用(←死語)があり
「最後だけど行けないかも・・・」と
半ばあきらめていたのですが
2日ほど前に エリちゃんから
「6日 行ける人は行こうよにこにこ」とのメール
「当日まだわからないんだけど構わない?」と聞くと
「大丈夫よーーー飛び入り歓迎 待ってるよハート
との嬉しいお返事 きゃっ
これは土曜日のヤボ用(まだ言う)を
モーレツ(←これも死語)に片付けて参加しなければっ ムキッ

10209-2.jpg

あと2人は残念ながら
お仕事の関係で無理だったのですが
それでも こんなに急なのに
神戸から・淡路島から・金沢からと
懐かしい面々の再会です キラキラ

この先生 
中学で Brilliant美輪明宏さんBrilliantと同級生だったのですが
美輪さんは 当時からお美しい少年だそうで・・・
「あいつも 絵 うまかったぞーー王冠」 と・・・
でも 先生と同級生ということは
美輪さんって 
よく考えたら 「おじいさんおじさん」なんですよね
年齢も性別も超越してらっしゃるところがスゴイ・・・じー

10209-3.jpg

場所を変更して 楽しい夕食 アップロードファイル
普通 ブログとか書いていると
その時のお料理やテーブルを
お写真に撮られたりされるのでしょうが
ワタクシ
笑うのに忙しくて そんなことしているヒマありません 笑顔
お酒は全く飲みませんが
ウーロン茶で いい感じにハイになれますのよ jumee☆SaturdayNightFeverR

お互いの連絡先を携帯電話で送信しあうのですが
なにしろ おっちゃんおばちゃんのお年頃
「プロフィールってどうやって出すの?」
「赤外線はどこどこ?」
「メールで送ろうか?」
「圏外やーーん」
 と大騒ぎ 急ぐ
あちこち押してみたり
携帯を目から近づけたり離したりと
こういうときは年齢を感じつつも
「わっからへんやーん」と子供のように開き直る仲間たち
お隣のアベックさん(←これは絶対死語)
騒々しくてごめんなさいね 
アナタ達 今日は運が悪かったということで・・・福助

10209-4.jpg

夜の繁華街(←これも死語)を歩くのも
本当に久しぶりです ダイヤ
こういうところを
お友達とワイワイ言いながら歩いていると
申し訳ないけれど つい
自分にだんさんがいるのも 子供がいるのも
キレイさっぱり忘れてしまいますね クラウン
また明日から働きますから あははっハート

先生 40年間 お疲れ様でした
これからはまた違う形での展覧会だそうですね
楽しみにしていますから
いつまでもお元気で 描き続けてくださいね
来年は卒業30周年
同級生のみなさーん 何かしませんか?ハート


10159-1.jpg

昨日は 先輩のサッチーさまと
四天王寺さんの近くまで出かけてきました みずたまこみずたまこ

サッチーさまにご紹介いただいたのが
なんとも美しい「Brilliant.工芸茶Brilliant.」のお店とそのオーナーさま 
手摘みの一枚一枚の葉を手で揉んで
糸のように伸ばしたものを束ね
中に漢方効果のあるお花を入れてあるもの

ガラスのティーポットに茶葉を入れると
ゆっくりと一本一本の葉が開き
色鮮やかなお花が現れます jumee☆mark6a

10159-2.jpg

そしてここのオーナーさまが
とってもチャーミング ハート
柔らかな物腰と 薔薇 素敵な笑顔 薔薇
丁寧に入れてくださる工芸茶と
その華やかで豊かな時間に 
ついつい長居をしてしまいました アップロードファイル


実は私の車にはあるCDが積んであります
それは


「綾小路きみまろライブ」

理由は

「これをするとオバサン化する」ということを
おもしろおかしく
ぜーーーんぶ仰っているから アップロードファイル

そのCDの中に こんなくだりがあります

  奥様 思い出して
  新婚時代3日目…
  「あなた お茶が入ったわ お飲みになって」
  三つ指添えて 出したものです
  あれから40年…
  「なぁにィっ? お茶ァ?
  お茶くらい自分で入れなさいよっ ムカッ
  そこに茶壷があんでしょっ!ムカッムカッ
   ったくもうふう…
    ひとりじゃ何にも出来ないんだからっ・・・」怒ってるんだ




ワタクシ 言葉にこそ出しませんが
「整理整頓された家」を隠れ蓑
「お茶くらい自分で入れなさいよっ」
って 態度かもしれない・・・ jumee☆think2
 
 あのね でもね
 どこに何があるか明確なのですから
 自分で出来て普通なのですのよ オーッホッホ♪ ← 言い訳



誰かのために 心を込めてお茶を入れる・・・
お客様にはもちろんそうですが
さて 家族となると んーーー・・・ ゴメンナサイ ごめん

工芸茶をいただきながら
オーナーに豊かな時をいただいて
「こんな素敵な女性になりたいな・・・」
と しみじみと思いました

そして 帰宅すると

chikako.mさまから お花とお菓子 お手紙とお品が・・・

10159-3.jpg

私と娘のために届けてくださっていたのです びっくり

もう 感激 です

今日お会いしたオーナーとchikako.mさま
どちらもBrilliant素敵な大人の女性Brilliant
「誰かのために心を込めて」・・・

丁寧な暮らしを大切にしようと
改めて気づかせていただいた1日でした
感謝 感謝の気持ちです ハート

工芸茶「クロイソス」HPはこちら
華やかで美しい工芸茶の世界をお楽しみください






昨日整理収納アドバイザーの仲間たちと
ひと足早い忘年会に行ってきました 飲み物

幹事のMarilynが決めてくれたお店は
大阪 梅田 BALILax THE JEWEL 

超方向音痴の私のため(?)に
間違えようがないほど わかりやすい場所 
 (JR大阪駅の上) JR東日本

「サエコさん、もし迷ったら
 動かないで 動かないで 迎えにいくから」 と
 乗るべきエレベーターも詳細にご連絡をいただき・・・

帰りのことを考えて
選択したのは JRではなく
京阪電車 → 御堂筋線 の経路
素直じゃなくて ゴメンナサイ jumee☆faceA127

家を出たのは16:00台
「ラッシュの時間じゃないから大丈夫 うふふん」

ところが 御堂筋線を下車したなら
17:00を とうに過ぎていた・・・・・・

「大阪駅も 人・人・人 なのね・・・」

大丸を目指せばよいので 今回は迷うことなく到着 ピース

早く日が暮れるのは なんとなく寂しかったけど
今日は 暗くなってて嬉し~い キラキラ(オレンジ)キラキラ(オレンジ)

10116-1.jpg

ここから4時間 怒涛のトークタイム
もう 楽しくて楽しくて
ほんの数ヶ月前までは
全く知らない同士だった私たち
ずーーーっと前からお友達だったような
キラキラのおしゃべり

Marilynから 「ハイ サエコさん カエル好きでしょ」 と
チョコレートのお土産
泣き顔のカエルが
だんだんと笑顔になる お茶目なチョコ
お買い物でも 私を思い出してくれるのが嬉しい

10116-3.jpg

そして こちらの彼女は 偶然 私と同じお誕生日 つぼ(ハート)
名前もちょっと似ています
でも 私よりうんと若い・・・

10116-2.jpg

星占いなら 運勢も同じなのかもしれないけれど
彼女は びっくりするほどパワフル

整理収納アドバイザーの勉強をしなければ
おそらく出会うこともなかった仲間たち
みんな前を向いていて いつも笑顔でいて
私も向いていたら こうして出会えたのです 笑い。

どんなことを始めるにしても
どんなことを学ぶにしても
きっと 誰かと出会うためなのかもしれません

「縁は異なもの 味なもの」という言葉
本来は男女の出会いに使うものらしいですが・・・

うんと若いときは異性との出会いにワクワクするのでしょうが
今は 素敵な女性との出会いにワクワクしています
いつまでも キラキラと 輝いている大人の女性たち
これからもご縁がありますように・・・ 幸せの四葉





しばらく更新できなくてごめんなさい 顔文字1(背景黒用)

実は11月6日から8日の夜まで
トーキョーに出かけておりました 東京タワー
あらかじめお知らせすると
「るっすで~す」と言っているようなものなので
ご容赦くださいまし

お宿は新宿「京王プラザホテル」

日中はほとんどホテルにいないので
安~いビジネスホテルも考えましたが
そこは「大都会初心者」
安心を買う意味でもこちらをネット予約
もちろんスタンダードなお手ごろのシングルを2泊

大方の皆様のご想像通り
はい 迷いましたとも 泣き

新宿西口に出たかったのに
人・人・人の流れに逆らえず
南口改札に来てしまった私

「南がこっちなら西はこっちね♪」

甘かった・・・・・・・・●| ̄|_

「どう考えても島屋に向かっている・・・」
と気が付き
関西弁全開で道行く人に聞けば
「京王プラザはあちらですよ」と逆方向を指差され・・・

スーツケースを引きずりながら
やっとたどり着いたホテル ふう
見かねたドアマンの方がフロントまで運んでくださいました
だって 階段なのですもの・・・

チェックインのときに
ネット予約のメール控えを差し出すと
ものすごい勢いでキーボードを叩きまくるフロントのお嬢さん

「予約してるのにナンデそんなに打ち込むのだろ・・・?」

「尾野さま 申し訳ございません
 ご予約いただいたお部屋のタイプが満室でございまして・・・
 こちらにお願いいたします」
と差し出されたキーは 3623 「プラザプレミア」 ローズ2
その上のフロアは全室スイート

申し訳ございません どころか
ひとり一泊5万円のお部屋じゃあーりませんかっ!
もちろん お会計はお安いプランのまま きゃーっ!拍手 パチパチ

専用エレベーターでお部屋に案内され、
フロントのそのお嬢さん以外は
「プレミアをご予約の尾野さま」と思っておられますから
Brilliantお姫様Brilliantのような扱いを受け お部屋に案内されました
小奇麗な格好で来て良かった~

10111-1.jpg

ひとりだけどツイン
バスタブも広~い
アメニティはすべて「ロクシタン」 きゃーっ!
落ち着いたお部屋の雰囲気に大満足
うちもまたまたリフォームしたくなっちゃった

10111-2.jpg

その夜の食事
外に食べに行こうかとも考えましたが
間違いなく迷おばちゃんになりそうなので
ホテル内のビュッフェに決め お部屋から予約の電話
なにしろ「プレミアにお泊りの尾野さま」ですから
レストランでも いいお席 しあわせ~

10111-3.jpg

とても美しく美味しいお料理だったので
写真を撮りたかったのですが
ひとりで食べながらひとりでカメラを構える・・・
ちょっと恥ずかしくて出来ませんでした
私にはグルメライターは無理ですね(笑)

東京の夜はキラキラですね キラキラ(オレンジ)
めまいがするほど高いところから見た夜景は
あまりに明るくあまりに近く 
京都では絶対に見られない景色
翌朝の朝食を予約し、おやすみなさい・・・

この季節になると朝6時もまだ暗く
なぜか「朝ズバッのみのもんたさん」を見ながら
1時間かけて食事
メイクが出来る明るさになってきました 太陽2

10111-4.jpg


こんな優雅な2泊3日を過ごしたものの
やはり東京駅にたどり着くまで 苦難の道のり
帰りの新幹線 男性の旅行グループと同じ車両
 (嫌な予感・・・)
のぞみ車内のビール臭さに
ちょっと乗り物酔い状態になりながら
わが町にたどり着きました 東海道新幹線

感じたのは
東京は3次元の街
京都は2次元の町

決して大都会じゃないけれど やっぱり京都が好き
ほっこりしたわー はぁ
(本来の 「ああしんど」 って意味ですよ)

で こんな「大都会超シロウト」が
何ゆえに東京まで行ったのか・・・

また近日ご報告しますね グー!
 


ここしばらく 仕事(?)というか
すべきことで煮詰まってて(笑)
ブログの更新もおぼつかずごめんなさい orz

とはいえ
何日か前からこの状況になるのはわかっていたので
「10月15日はぜったい!」と予定を入れておいたのがコレ

10105-1.jpg

映画 「容疑者Xの献身」

水曜日はレディースデイ 映画

こういう日があると 他の曜日には
なかなか映画に行く気にならないもの(笑)
巨大駐車場のある映画館へGO  zoomzoom002===

昔は 映画館はあまり好きな場所ではありませんでした

近眼の私は 
洋画の字幕を読むだけでもツライものがあります

椅子の間隔も狭く
女性一人で映画に行くなんて
両親は ダメダメと言ったものです

今はいわゆる シネコン

椅子もゆったり 清潔だし
トイレも多く 指定席でゆったり
そして今日は女性は1,000円ナリ 給料日♪

原作を読んでいますので
結末は知っているのですが 

堤真一さんが 「石神哲哉」を演じるとわかったとき
原作を読んでいる多くの人は

「それは格好良すぎるやろっねこ

と突っ込みを入れたに違いないはず
 (私のイメージでは「石神」=カンニング竹山さん)
もちろん 私も娘も 「それはないやろ~」
 「堤さんでは格好良すぎる~」

ところが

すごいです 堤さん びっくり
日ごろのオトコマエっぷりを忘れるほどの役づくり

数学者の役なのですが
たしかTVドラマ「やまとなでしこ」でも
数学者だったような(笑)

そして何より 松雪泰子サマの美しいこと きら

ドラマで「ガリレオ」だけご覧になった方は
「この映画は別物」と思ってくださいね
コレは 堤さんと松雪さんの映画です ハイ
福山さんもテレビよりこちらの湯川先生のほうが私は好き
ドラマのノリとはちょっと違いますよ
申し訳ないけど
柴咲コウさんは 今回はいなくてもいいかな・・・
北村一輝さんだけでよいのでは・・・
もともと柴咲コウさんは
原作には登場しない人物なので
ちょっとお気の毒感です
彼女の魅力は封印されていたようで・・・
でも 最後の主題歌は 良かったですよ~ うるうる

読書好きの私としては
原作が良いのに 
映画になってがっかりすることが多かったのですが
これは原作にほぼ忠実で
フラストレーションが溜まらないのが何より

原作も映画もオススメですが
ぜひ 原作を読んでみてください



««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»