FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


昨日は西梅田まで出かけてきました 電車

整理収納アドバイザー仲間の
ちょっと遅めの新年会 beer

mayuさんチョイスの 「なだ万」 ブリーゼブリーゼ店

10154-1.jpg


mayuさんいわく
「ミナミは詳しいんだけど・・・
 みんなが便利でとか色々考えて・・・
 ここでいいかな?」
 (私はmayuさんの事をこっそり【ミナミの帝王】と呼んでいる・・・・)←あっ 女帝だわ

もう 大賛成でございます 拍手 パチパチ

ワタクシが迷わず行けるところは
他の皆様方には 非常にわかりやすい場所 はた

大丸をスタートし
 (informationのお姉さんに教えてもらうため )
地下から徒歩で向かうものの
「本当にこの方向で正解なのかしらはてな」 とちょっと不安

お1人で歩いていらしたお嬢さんに
「ブリーゼブリーゼはこの方向ですか?」
と尋ねたところ
「私はそこで働いていますからご案内しますね」

キャーハート 今日はツイてる
予定通りの時間に到着し 幸先よいワにこにこ

全員でシャンパンで乾杯し
お料理をどうしようか・・・と jumee☆think2

結論
「いっぱいお話したいから勝手に出てくるコースにしよう」 jumee☆faceA191Ljumee☆faceA191R

お料理も美味しくて お話も楽しくて しあわせ ハート

今日集まった皆様方は
キラキラキラ星のごとくキラキラのキャリアとスキル そしてポジション
mayuさんは先日「女性週末起業家賞」を受賞
さきちゃんは「大学合格したのよ~」
また さらっとおっしゃるところが SO COOL

彼女達と過ごすのは 本当に楽しいひととき
とにかく 「Brilliant.さわやかに明るいBrilliant.」のです
いじいじぐずぐずする人が誰もいない
見えないところで ものすごい努力をしておられるのに
苦労自慢や愚痴もなく
みんな カラッと「オトコマエ」 ハリー
そんなキラキラ白鳥(swan)のような女性キラキラ 大好き ハート

あっという間に お開きの時間
おんぷ 記念~の写~真を 撮~りましょうね~ おんぷ
 ( はい メロディがつけられたアナタ 
    私と同年代以上ですね)

10154-2.jpg


今回はみなさまに 
快く 写真掲載のお許しをいただきました
みなさん 素敵な笑顔でしょ?
ちょっと写真が暗かったのが 残念

ずっと椅子に座っていたので
帰りには足がむくんでしまい
気が遠くなるくらいの痛み あせ
よく考えたら 家を出たのが15:30
帰宅したのは24:00前
靴のチョイスは しっぱいしっぱい ため息

でも本当に楽しいと痛みも気にならないものですね

もちろん 「見栄っ張り」で スタスタ歩いて帰りましたよ
だって 「キラキラ白鳥キラキラ」でいたいもの jumee☆ufu1

みなさま 靴のチョイスは慎重に グー!





 昨日写真展に出かけてきました。以前私の色彩講座を受講して下さった方が参加されています。趣味として続けていらして、いつもご案内をいただき嬉しく思っていたのですが、なかなか全ては都合がつかず、常に行くことは難しく残念な思いをしていたのですが、今回は出かけることが叶い、私にとっての非日常の時間となりました。

53-1.jpg


 当時から可愛らしいお嬢さんです。その後ご結婚され、可愛いお子様もでき、「きっと彼女の写真のテーマは赤ちゃんね(^o^)」とわくわくしながら会場へ。会場の方にお許しをいただき、「写真展の写真を撮る変な人」となりながら1枚だけ撮影させていただきました(笑)。
 色んな方々のたくさんのお写真全てに見受けられるのは「愛」。私のような素人も、シャッターを押すときにもっと思いを込めれば写真の腕も少しは上手になるかしら?もちろん彼女のお写真もお子様への愛情が溢れていて、寒い日でしたが心がほんわかと暖かくなるような、そんな気持ちになりました。

 そして会場をあとにし、そのまま歩くこと約5分。もうひとつの「非日常」へ行って参りました。

 「また?」と思われるかしら・・・(笑)。

【HIROMI GO Christmas dinner show 2007 】!!
 
 前回夏のディナーショーへは姉と2人で出かけました。その話を聞いた姉の友人が「いいな~次は一緒に行くよ~」とのことだったので今回は4人。姉は私よりも5センチほど背が高く、またそのお友達も皆背が高く、私もそんなに小柄ではないのですが、4人並ぶとちっちゃく見えてしまいます(笑)。合計すれば180歳に迫ろうかという年齢もなんのその、きゃっきゃ言いながらの楽しいひととき。また今回の席は郷さんからの距離は5メートルあるかないかというドキドキのポジション!
 360°のステージ全てを見渡して歌い、語る郷さん。会場にいた全ての女性がおそらく「私を見つめて歌ってくれた・私に笑いかけてくれた」と幸せな妄想(?)に浸っています。もちろん私の場合は妄想ではありません(笑)

53-2.jpg


 ディナーショーの場合、「どう見ても奥様に連れてこられた」紳士や、「35年間ずっと郷さんを追いかけてらっしゃるのね」とお見受けするマダムの団体など、コンサートとは一味違う雰囲気で、参加しているだけでも楽しいものです。そして何より郷さんとの距離が近い!近眼の私はメガネ持参で出かけましたが、今回はそれを使う必要もなく、存分に楽しめたのでした。

 歌の合間のトークも楽しく、また心に残る言葉がありました。
 
 「僕は今も20年、30年前の歌を歌います。
  ただ、それを『懐メロ』にしないためにも
  僕は進化し続けます」

 もう、カッコ良すぎます\(^o^)/

 私たちの年齢になると確実に迫ってくる「老化」。アンチエイジングという言葉も一般的になっていますが、じたばたとするのではなくその年齢に見合った「進化」をすれば老いも怖くないかも。

 女性は自分が一番美しかった頃を引きずりがちなものです。でも若いつもりで何年も前と同じ化粧、同じ髪型をしていれば、当時の写真と見比べたとき「老けた感」だけが感じられるのも正直なところです。

53-3.jpg


 私も来月またひとつ年を重ねます。でも30代の頃よりも今のほうがずっと楽しいかもしれません。もちろんそれぞれの年齢のときも楽しく幸せですが、「今が一番幸せ」といつも言えるにはやはり「進化し続ける」ことが大切なのでしょうね。

 改めてそのことを感じた素敵なクリスマスになりました。
 郷さんに感謝!です。
 どうぞ皆様も素敵なクリスマスをお過ごし下さいね。
 全国夏の高校野球大会。球史に残る熱戦の末、早稲田実業高校の優勝で幕を閉じました。私は高校時代、軟式野球部のマネージャーでした。当時はスコアブック記入の練習のためよくテレビ観戦したものです。子どもの頃うんと大人に見えた高校球児たちが自分よりも年下になった頃からでしょうか、特に社会人となってからは夜のスポーツニュースで結果を知る程度になっていました。
 ところが今大会、何気なくつけたテレビで早稲田の斎藤投手が登板…私はひと目で彼のファンになりました。それからは家事や仕事の手を止めて試合を観戦…というか斎藤選手を見ていたんですけどね(笑)決勝戦の再試合のときは車で移動中だったのでラジオまで聴くほどでした。娘はそんな私の行動に「???」と苦笑いしています。

18-1.jpg

斎藤投手が人を惹きつけてやまないもの、それは彼の端整な顔立ちやクールな表情、精神力、高校野球ならではのひたむきさや一生懸命さ、スポーツの素晴らしさなどたくさんの要素があると思います。しかしいわゆる「見た目の良さ」やひたむきさだけなら、日本中がこんなに大騒ぎにはならないはず。

18-2.jpg


 彼が他の誰よりも持っているのが「圧倒的な清潔感」。またそれをさらに際立たせているのがあの白いユニフォーム。帽子もアンダーシャツも白。そこに伝統ある「WASEDA」の文字。人は清潔感を感じるときそこに丁寧さや几帳面さ、知性や品格まで感じ取るものだと思います。「清潔感と品格」はきっと日本人が最も大切にしてきたものであり、だからこそ多くの人が共感したのではないでしょうか。「ハンカチ王子」なんてニックネームがありますが、あの汗をぬぐうタオルもきちんとたたまれているから「王子」という育ちの良さを連想させるものになったのでしょう。清潔感のない王子なんて考えられませんものね。スポーツ新聞の見出しには「アイドル佑ちゃん」や「進学希望をひっくり返せ」などの文言が並びます。しかし1ファンとしては本人の希望通りになりますようにと静かに願うばかりです。
 やはり日本人男性は清潔感のある、弱音を吐かない寡黙な人が素敵ですね。最近の流行語にもなった「ちょいワルオヤジ」が似合う日本人なんてほとんどいないと思います。男性も女性も「自分自身の良さ」をしっかり認識し、自分を丁寧にメンテナンスしたいものですね。

 昨夜「郷ひろみ35周年アニバーサリーサマーディナーライブ」へ行ってきました。5月初旬にチケットを手に入れたのですが、後で聞いたところによると、発売開始から15分で完売だったとの事。この日から「当日は何を着て行こうかしら、家や仕事の段取りはどうしようかしら、会場まではどうやって行こうかしらetc.」とまるで子供の遠足のごとく、わくわくしながら待つこと2カ月半、そして昨夜はそれはそれは楽しいひとときでした。

10016-1.jpg


 私は「追っかけ」たりする、いわゆる「郷ひろみフリーク」ではありませんが、彼の事は大好き。デビュー曲からのシングル曲は多分ほとんど歌えます。(あれ?これをフリークというのでしょうか(笑))
 郷さんを「カッコイイっ!」と思う理由は、その姿勢。
自身が「郷ひろみ」である事にプライドを持ち続け、プロフェッショナルであり続ける事。50才の今も昔と全く変わらない体型を維持し、自分自身を磨き続け、世間が期待している郷ひろみ像を体現し続けていること。

10016-2.jpg


 感動するのは、30年以上前の歌でも当時と全く同じキーで声が出る事です。
 TVなどで歌手の方が昔のヒット曲を歌うとき、自分の持ち歌なのにキーを下げて歌われる方がおられます。それを聴くのは私はとても嫌。今も同じキーで歌えるというのは、彼が35年間ずっと体力を維持し続け、ボイストレーニングを続けてこられたからに他なりません。そんな努力を、ステージでは微塵も見せる事なく、華やかに、最高にプロデュースされた郷ひろみで登場する…
 そんな良い意味でのナルシストぶりに元気づけられた夜でした。
 こんなにカッコイイ50才、なかなか無いです。私もカッコイイ50才を目指して自分を磨き「続ける」大切さを改めて感じました。

 先日「オフィスサカイ15周年記念パーティ」に参加してきました。「色彩検定受験対策講座」はもともと酒井先生が開催されていた講座。そこで学んだ私は、その楽しさを知り、どんどんと知識を増やしていきました。そして資格取得後、今度はその講座の講師として皆様の前に立たせて頂くことになったのです。

10008-1.jpg


 先生からは本当にたくさんの事を教えて頂きました。色彩の知識はもとより、人に伝えることの大切さ・そして美しさとは外見と同時に内面を磨いてこそ初めて表現されるものであるということ。「正しい美」に人は癒される…外見だけでなく、仕草・立ち居振る舞い・言葉遣い・姿勢・女性であることにプライドを持つ…現在の私があるのはこの酒井先生との出会いのおかげです。「あきらめない心」を教えてくださった酒井先生に感謝です。
 (写真中央が酒井先生、隣はMakoさん・右端が私です)


10008-2.jpg

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»