FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


 毎日暑い日が続きますね。我が家は「FPの家」ですからエアコンも除湿運転のみでとっても快適なのですが、一歩外に出るとくらくらしてしまいそうです(笑)

17-1.jpg


 この季節やはり水分補給は大切。ここ数年注目されてきた「熱中症」の説明などでも水分補給の大切さは力説されていますね。
 私は中学時代バスケットボール部でした。中学のクラブ体育系では数少ない「屋内」での活動でしたので、日焼けこそ免れましたが、あの頃の通説「スポーツの最中はバテるから水を飲んではいけない」は今から考えると恐ろしい…といえるかもしれません。
 しかしこの説、あながち間違いでもないそうですね。運動などで大量の汗をかくと水分と同時に塩分が失われます。当然身体中の塩分は減少します。そこへ「水だけ」を飲むと体内の塩分がいわゆる「薄められた状態」になり、塩分濃度が低下し、脳が「これ以上塩分を排出してはいけない」という指令を出すそうです。つまり脳が「汗をかくな」と命令するわけですから、体温調節が出来なくなり熱中症を引き起こす…

17-2.jpg


 あの頃も「水を飲むな」ではなく「水を飲むなら塩分も同時に」ということをもっとみんなが知っていれば、夏休みのクラブ活動もあんなに苦しくなかったのに(笑)と思います。
 私がまだほんの子供の頃、夏によそのお家に遊びに行くと麦茶を出して頂いたのを思い出します。しかし「おばあちゃん」がおられる家の麦茶は必ずと言ってよいほど「塩入り」でした。友達は慣れていてぐびぐび飲むのですがあの味は苦手でした。「普通の麦茶が飲みたい…」なんて図々しい事も言えず、もじもじしていたことを思い出します。まだまだクーラーなんてある家のほうが珍しい時代、「水分補給と同時に塩分補給」は昔の人の知恵だったのかも知れませんね。
 先日、子供たちに「塩入り麦茶」の話をすると「飲んでみたいっ!」というので作りましたが一口飲んでギブアップ。私も今でも「塩入り麦茶」はダメですね(笑)

17-3.jpg

 (ちなみに2枚目の写真は出身中学校です)

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |