プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「暑さ寒さも彼岸まで」。昔からの言い伝えには本当に感心しますね。今年の夏は本当に暑かった!と思われる方も多いのではないでしょうか。それでもこの頃は朝夕の風はひんやりと気持ちよく、春とはまた違った過ごしやすさを感じます。
 「そろそろ衣替えをしなくっちゃ」と考えておられる方も多いはず。町を歩けば、年に2回、学校などの制服が夏物や冬物に変わるのを見ると、なにかケジメのように思い、清清しい気持ちにもなります。

21-1.jpg
 
 しかし、自分の家の事となると「ああ、面倒くさい…」と憂鬱な気分になりませんか?私も以前は「衣替え衣替え…」と箪笥の中から衣装箱の中へと入れ替えていました。しかし必ず「その季節一度も着なかった洋服」があるにもかかわらず、また箱の中にしまい、去年「多分一度も着なかった洋服」をまた引き出しに入れる…数年前この矛盾に気づいた私は「衣替え不要論」にたどり着きました。つまり洋服の絶対量を減らし、全ての洋服が季節に関係なくたんすの中にあるようにしたのです。

21-2.jpg

 現代では、出かける先のほとんどの室内温度は快適に調整されています。逆に「真夏の寒すぎる室内」や「真冬の暑すぎる室内」という状況に出くわすこともしばしば。趣(おもむき)という点では寂しいことかもしれませんが、夏にブーツを履くことも、冬にノースリーブを着ることも珍しくない昨今(私は出来ませんが(笑))あえて衣替えの必要性を感じなくなりました。また、全ての洋服がいつも見える状態ですから、同じようなものを買ってしまうこともなくなるだけでなく、コーディネートの幅も広がります。

 「服の絶対量を減らす」最大のポイントは「自分が今よりも素敵に見える洋服しか着ない」と固く心に誓うこと。わざわざ顔色やスタイルが悪く見える洋服を手元においておく必要は全くありません。男性女性を問わず満足のいく装いは自信になります。自信は姿勢や歩き方、仕草や言葉遣いにいたるまで良い影響を及ぼします。「洋服はしまっておくものでなくいつでも着られるようにスタンバイしておくもの」こう考えると「衣替えをしなければ」という呪縛(?)から逃れられることが出来ます。また、無駄な服がないのに衣替えが必要なのは収納容量そのものに問題がある場合も。それなら迷わずリフォームです。ブティックのようなクローゼットなら洋服の管理もずっと楽しくなることでしょう。

21-3.jpg


スポンサーサイト
先日トートバッグを買いに行きました。夫が仕事用のサブバッグとして使うものです。仕事柄、書類やファイルだけでなく、タイルや床材のサンプルなど重量のあるものを入れることも多く、ハードな使用に耐える必要があるため、帆布製のものにすることにしました。

20-1.jpg


 京都にお住まいの方ではおそらく知らない方はないというこのお店、京都で新しく開校した小学校の指定ランドセルを納入したことや諸々の事情で、今では全国的にもご存知の方が多いのではないでしょうか。
 私も店内に入るのは初めてでしたが、一歩入って唖然としました。平日の昼間にもかかわらず「ここはセール会場ですか?」と尋ねたくなるほどの人・人・人…そしてお店の張り紙には「購入はお一人様2点まで」「商品はここに陳列してあるだけです」との事。幸運にも私は希望の品がありましたので購入することが出来ましたが、あの勢いだと夕方までには完売してしまうのでしょうね…近くの駐車場にはそのお店の紙袋を持った方がいらっしゃいましたが、乗り込まれた車のナンバーは「多摩」!

 丈夫で、使いやすくて、職人さんがひとつひとつ丁寧に作られたことが良くわかるこのバッグ。その職人さんの使う道具はきちんと手入れされているであろう事は容易に想像がつきます。

20-2.jpg


どんな仕事をするにしても道具の手入れは基本中の基本。良い結果を出すためには仕事の道具だけでなく日常の生活にもいえることではないでしょうか。美味しい料理を作るための道具、きれいにメイクするための道具、部屋を掃除するための道具、等々…趣味の道具の手入れはしても日常の道具の手入れは疎かになりがちです。しかしよく切れる包丁で調理したお刺身が、磨き上げられたグラスで飲むお水が格段に美味しいように、「手入れ」を惜しまないこと…毎日の暮らしが豊かになる近道はこんなところにあるのです。

20-3.jpg

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。