FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


 昨日、中学時代からの友人と食事に出かけました。中学卒業後、別々の高校に進学したため、長い間連絡を取り合うことはなかったのですが、お互いの子供が偶然友達になり、私たちも再会し、また昔のようにお喋りしたりということになりました。もちろん食事に出かけると言ってもお互い家庭がある身、ささやかなランチです。場所は駐車場が完備されていてお互いの家からそう遠くないこと、そして何より長居できること(笑)。食事そのものも楽しみですが、やはりゆっくりとお話できるお店を選びます。

33-1.jpg

 最近は携帯メールが大活躍。待ち合わせの時間、お店選び…昔授業中に先生の目を盗んでまわしたメモのようでなかなか楽しいものです。前日までに場所と時間を約束し、いよいよ当日です。私は10分前に駐車場に乗り入れました。そこにはまさに停車中の友達の車。時間前、されどどんぴしゃです。

 私たちの青春時代には携帯電話なんてものは影も形もなく、あらかじめ学校で約束したり、家の電話で確認したものです。当日家を出てしまえば連絡を付けることはほぼ不可能ですから、待ち合わせの時間厳守というのは当たり前の事でした。現在はほとんどの人が持っている携帯電話、待ち合わせに遅れそうになっても遅れる旨をすぐに連絡することができ、便利ではあります。

 でもそんな時代だからこそ自分自身に課しているのが「約束の時間の10分前には着いておく」…今まで一度も遅れたことがないとは言いませんが、たいてい時間前に到着しています。前出の友人もきっと同じはず、約束の時間より早く到着しておこうという考えは、きっと私たちの年代の「誇れる性分」だと思うのです。待たせないことが相手を大切に思っているということの最大の表現ということが、考えなくともからだに染み付いているのです。

 今はトレンディドラマといわれるものが制作しにくい時代だそうです。というのも、このドラマの大きな特徴は、登場する人物が「待ちぼうけ・すれ違い・はち合わせ」することでストーリーが成り立つから。確かに誰もが携帯電話を持つこの環境ではそういうこともなさそうですからね。

 これからも携帯電話のお世話になることが多いでしょう。私のために大切な時間を割いてくださる方々に、「ちょっと遅れるの、ごめんなさい」という電話をしなくても良いように、日頃から時間に余裕のある暮らしをかなえていきたいと思います。

33-2.jpg

 追伸:
  ただし、ご自宅に伺うときは2~3分遅れましょう。早すぎは遅刻以上に迷惑です。女性はこのあたりを心得ていらっしゃるのですが、男性はどうでしょうか。相手を思う想像力を大切にしたいものです。

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |