FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前回の「洗剤の詰め替え」をご覧いただいた方から「他のものも詰め替えてるの?」とご質問を頂きました。答えは「イエス」。

45-1.jpg

 
 洗剤にしろ調味料にしろ、ほとんどのご家庭にはある程度の種類が置かれているはずです。スーパーマーケットの調味料の棚にはたくさんの種類の小瓶がずらーっと並んでいて、選びやすく、また壮観でさえあります。しかし、私たちの好みのものが同一のメーカーのものとは限らないはず。例えばヱスビーのものだったり、ハウスのものだったり、あるいは輸入モノであったりというように…
どんな商品でもメーカー側は、消費者の手に取ってもらえるようにパッケージを工夫し、また目立つようにデザインしてあるものです。これらのものは脈絡なく家に持ち込むと、色や形が不ぞろいで、普通に並べて美しく見えるようにするのは非常に難しいもの。日常の暮らしで難しいことは極力排除したいサエコとしては「全部揃えれば解決っ!」と詰め替えを楽しんでいるのです。

45-2.jpg


 1・2枚めの写真は少量使いのスパイスなどの小瓶です。普段はキッチンの引き出しに入っていますが、出しっぱなしにしておいても美しいように全ての容器を揃えています。私は小さいものというのは、色や形を同じにすれば、数が集まるほど美しくしやすいのではないかと考えています。逆に言えば点在させると乱雑に見えてしまうので、キッチンの調味料を「出しておく派」も「しまっておく派」も1箇所にまとめてしまうのをおすすめします。詰め替え容器の選び方のポイントは「詰め替えの全量が入る大きさのもの」そして「チープすぎないもの」。またスパイス類は古くなると香りが飛んでしまうので、少量ずつ購入すると良いですね。
 それから、スパイス購入のポイントですが「もし、同じ種類のものが並んでいたら必ず高価な方を買う」ということです。もともとが少量売りですから高価といっても100円も違わないはず。わずかのことで香りが断然違います。

 3枚目の写真はスパイスに比べて多くの量を使う砂糖や小麦粉、ゴマや片栗粉などです。スパイスもこれらも全て英字ラベルが張ってあります。コンソメキューブなどは別に入れなくても良いようなものですが、引き出しに入れたときに収まりが良いので容器に入れてしまっています。容器の中にスプーンを入れているのは洗いゴマだけ。調味料を使うときはロングスプーン(クリームソーダについてくるアレです)を使うつど洗っています。

45-3.jpg


 正直、詰め替えをすると容器のお金はかかります。しかし、ストックがあるのに買ってしまったり、いつの間にか賞味期限切れ…というようなことはまずありません。そして何より、「美しい環境で家事をしている」という満足感が「キッチンをきれいにしておこう」という気持ちになるのです。お金がかかると言っても外食1回分もかかりません。一度きちんとしておけばずっと続く美しさと満足感、美しいキッチンでレストランに負けない素敵なお料理を作ってみませんか?

  (クリックすると大きな写真になります)

スポンサーサイト
 みなさんのご自宅にはどのくらい「液体洗剤」の類がありますか?トイレ用、お風呂用、アルカリ洗剤、柔軟剤、などなど多種多様なボトルが常備されているここと思います。近頃はほとんどの洗剤が「詰め替えパック」ですね。そして「必ず○○のボトルに詰め替えて下さい」と同じ商品名が書かれていますね。洗剤は誤って混ぜてしまうと組み合わせによって有毒ガスが発生したりということがありますからメーカー側としてはきちんと明記しておく必要があるのですね。

44-1.jpg


 これがまたなかなか上手に詰め替えできないんですよ(笑)。私も5回に1回くらいはこぼしてしまいます。ですから1枚目の写真のようなプラスチックの漏斗を使用しています。これを使うようになってからは本当に上手に詰め替えできるようになりました。最後の一滴(?)まで両手で搾り出せますから気分も良いのです。最初は100円均一のお店で探しましたが見つからず、ホームセンターの塗料のコーナーで見つけました。今は100均にもあるのかしら?

44-2.jpg


 しかし、何種類もの洗剤のプラスチックボトルは色もバラバラ、形も大きさも揃わず、どんなにきちんとしたつもりでも雑多な印象になりがちです。また大きく「トイレの洗剤」なんて書いてあると、思わず「うるさい!」なんて思ってしまいます(笑)。
 だから私の「詰め替え」は自分で揃えたボトルです。右端の容器は大きく見えますが、高さは17cmほどです。1リットル容器なので詰め替えパックの全量がらくらく入ります。買ってきたらすぐにここに詰め替えるので、我が家にはパックのままのストックは一切ありません。全てが同じ容器ですからラベル表示が必要ですが、もちろん「生活感をなくすため」表示は全て英字(ローマ字ではありませんが英語とも言い切れませんよ(笑))にしてあります。
 
 3枚目の写真は洗面台下の引き出しです。我が家の洗剤のストックはすべてこの容器。スプレーボトルも全て揃えています。ご覧になった方は「きれ~い!」と感動(?)されます。もちろん自分が気持ちよくなるためにしているんですけどね(笑)
 ここまでするのは少々マニアック(?)かも知れませんが、「毎日使うものだからこそキレイに」しておけば、引き出しを開けるたびにちょっぴり嬉しくなるものです。
 ただ例外は「まぜるな危険」の表示のあるカビとり用洗剤と漂白剤。家庭内事故を防ぐほうが大切ですからね。

44-3.jpg


(クリックすると大きな写真になります)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。