プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 毎日寒い日が続きますね。お正月気分も抜けてきたと思ったらもう1月も終わろうとしています。寒い季節は月日の経つのが早く感じるのは気のせいでしょうか?

 さて先日お年玉付き年賀葉書の抽選会が行われましたね。例年はもっと早かったような気がするのは、それも私の気のせいでしょうか?(笑)
 私も1等なんて当選したことはありませんし、身近にそんな方も見たこともないのですが、数年前に「ふるさと小包」だったかしら?なにか美味しいものをいただいたことがあります。大人になっても「当たってるかしら?」と見てみるのはなかなか楽しいものです。

57-1.jpg

 
 さて、年賀状の整理ですが、まずこの抽選日までは単に束ねてリビングにでも置いておけばOK。本棚に入れておいても良いですね。私は年賀状を束ねるのに輪ゴムではなく手芸店で売っているような幅広の綿ゴムを使います。ちなみにこれはお弁当箱に留めるゴムバンド。お弁当箱が壊れてもこれだけは捨てずにとってあります。普通の輪ゴムは細すぎて頼りない上に、なんとなく生活感がにじみ出てしまうように思うから。写真のようにしてあるだけですが、葉書がきっちりまとまってくれます。

 何かしらの当選があればすぐに郵便局へ行きましょう。その時に書き損じ葉書等も持って行きます。交換手数料はかかりますが、わずかなものです。また、学校で書き損じ葉書などを回収して寄付にまわすところもありますね。家にあってもただのゴミ。すみやかに「活かせるカタチ」にしてしまいましょう。

57-2.jpg


 さて、ここからは個人の考え方により様々ですね。一年で全て処分する方もあれば、逆に何年も捨てられない…という方もおられるでしょう。保存する場合は「マイルール」を設けましょう。

 私の場合はまず
「法人からのものは処分」つまりダイレクトメールの類です。そして
「写真つきのものは全て残す」←最優先
「絵が美しい・見て幸せになるものも残す」
「それ以外のものを1年後に処分」
というルールです。

 保存するものは葉書用ファイルに順に入れてあります。実は年賀状だけでなく、お友達から届いた「結婚しました」や「赤ちゃんが生まれました」も一緒に入っています。独身の時から使っていますから、大切なお友達の歴史や変遷(変身?)がここに詰まっています。約20年分ありますからなかなか壮観です。

 たいていのモノは、保管するとき「入れ物を揃える」と上手くいきます。葉書はカタチも大きさも決まっていますから、とっても整理しやすいアイテムです。専用のファイルもありますし、たとえ色やメーカーがバラバラなファイルでも背表紙を揃えれば見た目もgood。
 ただ、「捨てる基準・残す基準」があいまいだとファイルだけでも膨大な量になってしまいますから、マイルールを作るのはとても大切。どうしても捨てられないときは、年ごとに先述の綿ゴムで束ねるか、(輪ゴムは劣化しますから使わないでくださいね)ガムテープ製本という方法もあります。





 決して「さっさと捨てましょう」ではないのです。心のこもった年賀状、なかなかばっさりと捨てられるものではありません。捨てて悲しい気持ちになるくらいなら持っていればよいのです。大切なのは「とっておくなら美しく」ということです。また、きちんと保存してあれば、年月が経つほど楽しい歴史が出来上がります。私がおばあちゃんになったとき、またきっとホクホクした気持ちでこのファイルを眺める日が来るはず。老後のひそかな楽しみです(笑)なので、「写真入り年賀状・おたより」どんどんくださいね。大切にしています(^.^)
スポンサーサイト
 皆様お正月はいかがお過ごしでしたか?私は比較的のんびりと家で過ごしていました。もともと寒いのは苦手なので、真冬に出歩くのはあまり気がすすまないというのもありますが(笑)…。我が家は「FPの家」なのでとても暖かく快適なので「家がイチバン!」なのです。

56-1.jpg


 さて、今朝は成人式の着付けの仕事に行ってきました。1枚目の写真は実は私の手。はっきり言ってレディの手とは思えないです(笑)。着付けの仕事の前日の大切な準備のひとつが「爪を切る」こと。お嬢さんを美しく仕上げるのが使命なのですから、この際自分のネイルがどうのこうのなどとは言ってられません。爪が長いままだと、着付けのときに割れたりするだけでなく、大切なお召し物に傷をつけることもありえます。一生に一度の成人式、嫌な思いをさせないよう細心の注意を払います。

 朝6時過ぎに現場に到着。まだまだ真っ暗な中、すでに髪を結っているお嬢さん方。長い1日の始まりですね。全部で30名ほどの着付けになります。手分けして着付けるのですが、素早く、苦しくなく、しかも美しく、心を込めて仕上げていきます。

56-2.jpg


 私たちにとっては「今日はたくさんのお嬢さんの着付け…」、ということでも、ご本人やご家族の皆様にとっては大切な記念日。花嫁衣裳は人によっては何回か(?)着ることもできますが成人式は本当にこの日だけ。全てのお嬢さんにとって「私ってこんなにキレイだったんだ」と思っていただければ最高です。会場に到着の後は懐かしいお友達との再会や、仲間同士のパーティがあることでしょう。きっとテンションも上るのでしょうね。
 普通に動く分には着崩れしないようにしていますが、ちょっと気になるのは「ケータイ電話」。着物を着た場合「肘を帯の上より上げない」のが着崩れしないコツ。会場で「もしもし、どこにいるの?」「ここだよ~ほらほら」なんて大きく手を振ったりされませんように…と願いながら(笑)

私の同級生にも今日成人式を迎える、またすでに済まされたお子さんをお持ちの方もおられます。だから私からすれば娘がこのくらいの年齢でもおかしくない年頃。もう皆さん本当に可愛らしくてこちらまで嬉しくなります。

56-3.jpg


 振袖姿はご本人だけでなくご両親やご兄弟、おじいちゃんおばあちゃん、近所の人まで幸せにしてしまう力があります。そして幸せのお手伝いができるというのは、本当に幸せなことです。3枚目の写真は私が何人目かの着付けをしているところですが、化粧もボロボロ、髪もボサボサで、本来ヒトサマにお見せできるような姿ではないのです(笑)。でも今日はお嬢さん方が主役。少々キタナくなっても(?)なんでもないです(笑)。今日からは素敵なレディとして大人への階段をのぼっていただきたいものです。新成人の皆様、本当におめでとうございます\(^o^)/。

 謹んで新春の御祝詞を申し上げます

 本年もよろしくご指導のほど
 お願い申し上げます

55-1.jpg


 今年は寒いお正月のように感じますね
 くれぐれもご自愛のほどお祈りいたします

 2008年も素敵な出会いがありますように


     尾野早映子


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。