FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 皆様ゴールデンウイークはいかがお過ごしですか?

 写真は我が家の「こでまり」
 不思議なものですね
 毎年この時期に満開になります\(^o^)/

 63-1.jpg


 今年のゴールデンウィークはお天気にも恵まれそうで
 おでかけの予定のある方には本当に良かったですね♪

 もしお出かけの予定がなければ、 「衣替え」いかがですか?

 私は衣替えは不要なのですが、
 この時期は空気も乾燥していて、お洗濯物もよく乾き、
 計画通り進めることが出来ますよ

 お洋服を処分する基準は人それぞれですが
 あまり着ないものでも「捨てるに惜しい」と悩まれてしまうのではないでしょうか?

 自分なりの基準を持ちましょう

 私の場合は
 「私を素敵に見せてくれるものしか要らない」
 
 少し「手放す決心」がつきませんか?(笑)


  
スポンサーサイト
 いつもHPで「ベルジュール」をご覧下さっていた皆様。
随分長く更新できなくて申し訳ありませんでした。
今日からはこのブログで
皆様の素敵な毎日を応援させていただきたく思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 さて、
「快適生活の第一歩はゴミ箱から」 
家を新築後ずっとそう思ってキッチン用の理想のゴミ箱を探し続けていたのですが
諦めました(笑)。
 いろんなお店を見てまわったり、ネットで探したり、
でも、めぐり会えませんでした。

 私が探していたものは、
「直方体」「キャスター付き」「45リットル以上」

 お手ごろに買えるものってどうしてあんなにもっさりしてるのかしら?

 たまたま素敵なものを見つけたりもするのですが、価格が高すぎて予算が合いません。
 だって2~3万円もするのですもの!

「無いものは作るしかないっ!」とホームセンターで材料を購入し、自分で作ることにしました。(笑)
 娘には「パパに作ってもらったら?」と言われましたが…

 夫はもともと大工職人。私が言うのも何ですが本当に腕は確かなのです。
何もないところから、図面を描いてそれを立体にし、命や財産を守る家を建てる人。ゴミ箱ごときに夫の手を借りるわけにはまいりません。

 だって
 そんなことをしたらやっぱり2~3万円払わなければなりません(笑)

 私もインテリアコーディネーターとキッチンスペシャリストの資格を取得する際に「家と家具の図面の描き方」を泣きながら(笑)特訓し、勉強しました。
 どちらの資格も二次試験は製図。ゴミ箱の図面なんて何でもありません(笑)。まあ、そんなものなくても直方体ですから簡単に作れるのですが、同じ作るのならきっちりしたものを置かないと、夫にダメ出しされますからね。





 これは私専用の電動ドライバー。以前ホームセンターで「在庫処分」ということで破格の安さで手に入れました。充電式で日曜大工専門との注意書きがあります。夫から見ればおもちゃのような道具ですが(笑)

 しかし、もしご家庭で電動ドライバーを購入されるのであれば、決して「プロ用」はおすすめしません。
 
 例えばお鍋でも、包丁でも、「プロ用」の道具は姿かたちも美しく、同じものを使えばプロのような仕事が出来ると錯覚しがちです。でも、プロは絶対プロなのです。「プロ用」というのはプロの使用に耐え得るように、そしてたいてい男性の体力が基準に作ってあり、素人が使いこなすのは諦めたほうが無難。家庭でちょっとしたものを作るくらいなら、素人でも扱えるものを購入すべきです。

 そして、今回のように「日曜大工的」なものを作るのなら、材料はホームセンターで切ってもらいましょう。

 「切る」というのは本当に難しいこと。大工、料理人、美容師、理容師、医師…他にも「切る」という工程を伴う仕事ではプロが切るのと素人が切るのとではその差は歴然。今回のような材料ならホームセンターの機械で切ってもらえば、家ではドライバーのみで作ることが出来ます。

62-2.jpg



 やっと思い描いていたゴミ箱をおくことができました。
 ミリ単位で材料を用意し、おかげで寸法もばっちり。
 結合部のズレもほとんどなく我ながら上出来。私としては大満足!
容量は60リットル。ゴミも袋も外から見えず、キャスターも付けて移動も簡単。


 ものはついでと「新聞ストッカー」も作りました。


62-3.jpg



 この程度のものなら「無いものは作るッ!」と思えば大丈夫です。
ただし、ミリ単位で正確な材料を使うのがコツ。
 
 これ以上の大きさのものはプロに頼むことをおススメします。
もちろん私もこれ以上のものなら夫に頼みます。
プロに頼ったほうが良いものは、価格以上の価値があるのですもの。



61-1.jpg


 
今までHPで「ベルジュール」をご愛顧くださりありがとうございます。

このたびこちらのブログに引っ越してまいりました

まだまだ作業中ですが今後ともどうぞよろしくお願い致します


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。