プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、先日「我が家には箱入りタオルは無い」と書きましたが
かたくなに「箱入り」を維持しているものがあります

それは「靴」

私は靴が大好き
そしてとても大切にしています
新品の靴は必ず
買ったその手で修理に出し
靴裏を補強して
防水スプレーをかけてからしまっています

踵が減ってきたら
コツコツ音がなる前に修理

だから靴の寿命はとっても長く
嫁入りに持ってきた靴もまだ現役です(笑)

私は基本的に8cm以下のヒールは履きません

だから買うにしても
色とデザインが気に入って
ハイヒールにもかかわらず
足が痛くないもの・・・

となると簡単には新しい靴は買えないのです
色やデザインがどんなに気に入っても
「足が痛くてダメ~」というのは辛いですから(笑)


下駄箱の整理の方法も人さまざまだと思います

本来「靴の箱は不要、すぐ履ける」
というのが理想かもと思いますが
私の場合は絶対に箱入り
箱なしだと
ホコリがかかるのが嫌なのと
靴を棚から出すときに
棚板にぶつけたり、こすったりして
傷が付くのが嫌だからです

箱に入れておくとカビの心配もあるかも知れませんが
我が家はFPの家ですから
湿気の心配は無用♪
下駄箱も、もちろん押入れだって
ジメジメして困るなどと言うことは無いのです

これは私の下駄箱

10082-1.jpg

靴の箱は丈夫ですから
普通に使えばつぶれることはありません

ただ、そのまま入れておくと
どんな靴なのかわかりません

多くの方が実行されているとは思いますが
私も写真を撮って、箱に張っています

昔はフィルムの写真でしたから
6足くらい一度に撮影して
現像ができてからはさみで切っていました
なかなか写真の大きさが揃わずイライラしたものです(笑)

今はデジカメですから
1足ずつ撮影して
プリントするときに35分割の
「コンタクトシート」プリントしています
写真のサイズも揃うのでオススメですよ

もちろん箱から出しておいたほうが
多くの靴をしまうことはできます

「箱あり派」か「箱なし派」か

それぞれご自身の性格と相談して
最適な収納方法を見つけてくださいね

要はわかれば良いのです♪


スポンサーサイト
事件は約一ヶ月前に勃発(←大袈裟です)

とある平日の昼過ぎ 夫から電話がありました

「仕事が夕方に終わるから祇園で食事でもどう?
 高島屋さんで待ってるから」

車で出かけたはずの夫
このセリフを翻訳すると
「ビールが飲みたいから運転手に来てくれ」
ということだとは思いましたが
「まぁ久々にデートも悪くないか(笑)」と
素直に(?)出かけることにしました

「今日はお食事だからあの服を着て…
 そうだ 靴はおニューのサンダルにしよう♪」

「どこのお店にいくのかな?」などと
「うふふん♪」と想像しながら歩いておりました

もう少しで駅という時
右足のかかとに「すんっ」という違和感
「あっ!」と思ったときは時すでに遅し

前から来た車を避けようと
道路の端に寄ったとき
側溝の隙間にピンヒールがはまって
慌てて抜いたのが運のツキ

ヒールの皮が1cmほどめくれてしまいました(ToT)
悔しいやらみっともないやらで
半泣きの気持ちのまま待ち合わせ場所へ

「どこに行く?」と夫
 (当然「どの店?」という意味)

「靴売り場」と即答の私

夫にすれば、突然自分をほっぽりだして
靴を買おうとする妻の行動は謎そのもの

気に入った靴があったので
「このまま履いて帰ります」と店員さんに告げ
お会計をする私
そして同時に傷ついたヒールの取替えをお願いしました

新しく買った靴はこちら

10081-3.jpg

店員さんと私のやり取りをそばで見ていて
やっと事情が飲み込めた夫

しかし、その靴の傷を見るなり
「ぜ~んぜんわからへんやん
 だーれもオマエの靴なんか見てないし(笑)」

私も関西人のはしくれ
「ホンマやな~あっはっは」と笑い飛ばすべき?
なんて思いましたが ちょっと待て 笑い事じゃない!

こめかみの血管が切れる音がしたような気がしました

「誰が見るとか見ないとかそんなことじゃないっ!」

ぶんむくれのまま靴のリペアコーナーへ直行
買いたての靴の裏を補強してもらうのです
待つこと20分

少し機嫌が直ってきました

そこへダメ押しのひとこと
「さっきの靴とどう違うの?変わらへんやん」

(。。;)・・・・


今日やっとヒールの取替えが済み
取りに行ってきたのがこの靴 おかえりなさ~い♪

10081-4.jpg

完全復活(^ ^)/

お洋服だって靴だって
身に着けていて元気がなくなるようなものはダメ
似合うものを着れば気分も良くなるし
お気に入りの靴を履けば 足取りも軽くなるというもの

「ヒールに傷のついたままの靴は履きたくないのっ」
「オープントゥのパンプスと
 ストラップ付きのサンダルは違うのっ」

 2枚の写真 全然違うでしょう?

 こんな気持ち
 男性には理解できないのか
 それとも夫が理解できないだけなのか…

日本全国梅雨明けしたようですね
暑いのは苦手なのですが(寒いのも苦手です…)
とにかくお洗濯物がよく乾くのが嬉しい♪
我が家では室内干しができる場所を確保してあるのですが
やはりお日様のもとでぱきっと乾いた洗濯物は
幸せな香りがしますね(^o^)/~

さてさて
どこの家にも「売るほどある」と言われる(?)タオル
箱入りのままありませんか?

現在、我が家には「箱入りタオル」はないのです♪

結婚当初のころは
それこそ我が家にも「売るほど」ありました
出産の内祝いなどはタオルが代表的なお品物
お返しにたくさんいただきましたね

確かに使うのがもったいなくなるようなものもあり…

でも
もし、私が誰かに差し上げて
「もったいないから」と
使ってもらってなかったら寂しいな…

と、気づいた夏のある日
すべてのタオルを箱から出して
洗濯機に入れてスイッチオン!

それまで使っていたタオルをすべて
雑巾に縫い直し(←もちろんミシンで・です)
家中のタオルをすべて新品にしたのです
長女が幼稚園の頃でしたから
雑巾はどんどん幼稚園に持って行かせました

いただきもののタオル
心おきなく使い、古くなってきたので
今度は掃除用の使い捨ての布にしました

そして買い込んだのは白のタオル
それ以来、我が家は基本的に白タオル
洗面所には白のタオルしかありません

10081-1.jpg

どんなに上等なタオルでも
色や柄がバラバラだと、「色の氾濫」がおこり
散らかった感は否めません

決して上等なタオルではありませんが
真っ白なタオルばかりというのは
ちょっとしたホテル気分
そしてこの白タオルは持ち出し厳禁(笑)
「タオルは消耗品」と考え
新品に取り替えるサイクルを作っています

その後、いただきものの色柄物は
夫の仕事のときや
子供たちのクラブ活動・体育の曜日に持っていくように
それぞれ持ち主の引き出しにしまってあります
また、よくあるバスタオルとハンドタオルとの
お揃いのセットのものは
ちょくちょく泊まりにくる二人の大学生の姪専用に
歯ブラシやパジャマなどと一緒に
「お泊りセット」としてキープしてあります


我が家のタオル洗濯風景
散髪屋さんみたいでしょ(笑)

10081-2.jpg

ところが例外が茶色のタオル
茶色のフェイスタオルとバスタオルは
私専用なのです

10080-3.jpg

私は髪を染めています
お風呂上りにバスタオルで濡れた髪を包むのですが…

白タオルでこれをすると
徐々に白タオルがくすんでしまうのです
洗濯して汚れは落ちても
染料は少しずつ残ってしまいます
こうして区別しておいて
いつも真っ白なタオルを使いたいですからね

白タオルは家族共用
茶タオルは私専用
色柄は持ち主専用

整理も管理も簡単ですよ♪


いただきもののメロン

この季節になるといつも1箱いただきます

10079-1.jpg

「守山」とは滋賀県の守山

地元でもなかなか手に入れにくいらしいです
私も京都では売られているのを見たことないなぁ…
(知らないだけかな?どうかしら?)
とーーーーっても美味しいのです

メロンは皮ごと8等分くらいに切って
お皿の上で一口大に切りながらいただくのが王道かと…

でも私流は

10079-2.jpg

どんっ!と

ゴミの収集日の朝(←生活感アリアリ?)
皮も種も取ってしまって
実だけを盛り付けます(笑)
果物って結構廃棄部分が多いので
マンションのようには
毎日ゴミ出しができない私としては
「果物を食べる曜日」の掟があります(笑)

今日みたいな暑い日は
メロンのつるんとしたのどごしは嬉しいですね

本日のランチ メロン半玉なり♪

最近はちょくちょく更新できるようになりました♪
またいつゆっくりになってしまうかはわかりませんが(^^;)

さて、先日「お買い物カード」を使い切ったと申し上げましたが
とりあえずはこちら

10078-1.jpg


右上のバッグはフルラのもの
春先にウインドウに飾ってあり
ずっと 欲しいなあ と思っていたもの
早々に30%オフになっていて嬉しい♪

その下はお買い物用バッグ
シャンパンゴールドのメッシュです
私はゴールドは似合わないので
ぎりぎりシャンパンゴールドなら何とかなります
これ以上黄色いゴールドはNG

左上はご近所バッグ
持ち手を引っ張ると 布地のところがくしゅくしゅとなり
形も変えることができ、得した気分

左下はモネのペンダント
モネは普段結構なお値段がしますが
セールのときは思い切って半額になるのが嬉しいですね
これも下見済み

10078-2.jpg


このようにトップの部分をはずせば
金具を前にしたり後ろにしたりして
2連のネックレスとして使えます
そして1連のロングネックレスとして
ペンダントトップをつけたりはずしたりと
6変化のスグレモノ
もちろんトップを他のネックレスにつける事も可能
私のお気に入りに追加です♪

この夏はいずれもよく使っています
せっかくですもの 使わなくっちゃ

ワタクシ 
バッグは全部で40個ほどですが、何か?(笑)

多すぎると思われる方もあると思います

でも
大切なのは数ではなく
全部きちんと大切に使っているかどうか
適量は人それぞれだから
「自分で適正量を把握して管理する」
管理できないようなら多すぎ。
私は全部大切に使っています
だって バッグ大好きですもの♪

実はこの他にも
セーター2着、ワンピース、スーツも買っちゃいました(^^;)

夫は「まーた新しい服?」とは言いますが
非難めいたことは一切言いません
それは 私がすべてのお洋服やバッグ・靴を
完璧に管理し、
大切にしていること・似合うものしか着ないことを
知っているからだと思います

そんな夫が昨日私に言いました
「車、買ったから・・・」

確かに昨日はアナタのお誕生日ですが・・・(*o*)

衝撃のお買い物は夫でした・・・


7月12日、久しぶりに同級生の友人たちと会うために
実家に一旦帰ることにしました

私の実家は京都市の壬生というところ
大体は車で行くのですが
京都市に暮らしたことがあるなら
この時期、車では近寄らないのが常識

7月10日からは各町内で山や鉾たてが始まり
通行できなくなる道がたくさん(*O*)
迂回車だらけで
身動きが取れなくなるほどの
渋滞に巻き込まれることもあるからです(笑)

そういえば高校の同級生が
祇園祭の囃子方の鉦方で
稽古のために学校を早退してましたね
(確か公休扱いだったような・・・)
大人になると、太鼓方や笛方へと
ステージアップ(?)するはずですが
彼はどちらになっているのかなぁ…

実家から四条堀川までは徒歩5分ほど
7月14日から宵山の16日は
四条通りが堀川から河原町まで
夕方6時に歩行者天国になります

いくつかの鉾には
たいてい知り合いや同級生がいたりして
よく登らせてもらいました。
結構狭いんですよ(笑)
小学生まではだいたい家族で出かけましたね

中学生になると 友達と行くのが何よりの楽しみ♪
6時に四条大宮で待ち合わせ
着慣れない浴衣と履き慣れない下駄(笑)
いつもは門限に厳しいどこの親も
祇園祭の時は大目に見てくれます

だんだんと暮れていく夏のひととき
みんなで歩くのが楽しくて嬉しくて
ちまきも買わず、屏風も見ず
鉾も山もほとんどスルー
それでも楽しい祇園祭(笑)

「ちょっと休憩~♪」なんて
パフェを食べに喫茶店に入ったりするのですが
この時期、どのお店も「祇園祭特別料金」(笑)
がんばってお小遣いをためたものです。



この日はちょうど試し曳きだったようで
長刀鉾のこんなに近くまで寄ることができました

10077-1.jpg


長刀鉾の体重測定(?)も初めて行われたらしく
7tあまりだったそうですね
ずーっと12tと聞いていましたが(笑)
とにかく重いことには変わりなし(^^;)

以前、あるお友達に
「京都の祭りは祭りじゃない」と言われました。

「お祭りと言えば、祇園祭・葵祭・時代祭でしょ」
と思っていた私はちよっとびっくり
他府県の方に言わせると
これらすべて「行列」なんですって(笑)

「そう言われれば、そうかも・・・」

でも
ここで育ってきた私には、やはりこれがお祭♪

そのお友達は岸和田出身
確かに「だんじり」をテレビで見ましたが
凄い迫力ですものね(笑)

よくよく考えると
鉾をナマで見たのは結婚後初
「いつでも見られるから」という思いと
「混んでるから近づかないでおこう」という思いで
気が付けば16年ぶり

久しぶりに鉾を見て
いろんな事を思い出したひとときでした
今年の祇園祭は
お天気にも恵まれそうですね
良かった良かった(^o^)/

さてこれからは
懐かしい友達との楽しい時間へ…♪
7月になると一斉にバーゲンが始まりますね
欲しかったものがプライスダウンしていると
とーーっても嬉しいもの

私はデパートが大好き♪
独身のころは毎日のように
会社帰りに立ち寄ったものです

そこで利用しているのが「友の会」
一年間積み立てると1ヶ月割増で
お買い物券になるというアレです

私は満期を6月受け取りに設定
つまりバーゲン直前の時期に
資金が貯まるというワケです

10076-1.jpg


実はもう使いきってしまいました(笑)

もし2口設定するなら
満期を1口ずつ半年ずらすのがコツ
そうすると夏と冬のセールにあわせて
ちょうど貯金できます
銀行に預けてもこんなに高い利子なんて付きません(笑)
お買い物するデパートが決まっているなら
断然おススメです

満期受取りのときに下見をしておいて
セールが始まってしばらく経ってから
平日に行くのが私流

本当に欲しい定番のものは
定価で買いますし
セールだから買うというわけではないのですが
欲しかったものがセールになっていれば超ラッキー♪

つまり
何が似合うのか
自分自身でよーーーく知っておくことが大切
それと同時に
どんなお洋服を持っているかも♪

私はパーソナルカラー診断もしますが
はじめの一歩として 
似合う色を知るのはとても大切なこと
でもいつまでもそこにとどまっていたら
女性は進化しないのです
パーソナルカラーを知ることで
似合わない色をも 
どうすれば着こなせるのかを知る
それが大切なのです

だって
自分のパーソナルカラーのお洋服しか
持ってないなんて
つまらないじゃないですか(笑)

私、自身のパーソナルカラーでないお洋服
いーーーっぱい持ってます
大切なのは
顔色とお洋服の関係だけではなく
全体として
その女性が美しくなっているかどうか

だから私の持っているお洋服は
全部現役
私を「素の私」より
きれいに見せてくれるものしかないのです

それでもまだ買いましたよー(笑)
またそれは後日の機会に(^^)

ここ最近は怒涛(?)の日々が続き
またまた更新できくてごめんなさい
(最近はお詫びばかりで始まります…)

整理収納の流れで
心がけておきたい事のひとつに

「新しいものを手に入れたならひとつ手放す」
「新しいものを手に入れるならひとつ手放してから」

というものがあります

たとえば理想は
「洋服を1枚買ったら1枚捨てる」
「バッグを1個買ったら1個捨てる」などですが…
まあ これができれば苦労はない(笑)

すべてのモノにこんな風にできれば
モノは増えないのですが

とりあえず
「同じものでなくても良いから
 ひとつ手に入れたら何かひとつ手放す」
という意識から始めてはいかがでしょうか

10075-1.jpg


これはバッグハンガー
先日亡くなった母が
私が二十歳の時プレゼントしてくれたものです

23年間、よく働いてくれましたが
ついに壊れてしまいました

「モノのもつ本来の機能が失われても
 捨てられないものがある」
これがモノの持つストーリーやメモリー…

これをご存知の方ならきっと
「それは捨てられないわね…」と仰って下さるかも

ところが アタクシ
これは次の「燃えないごみの日」に出します(笑)

なぜなら
「使い切った感」とでも言うのでしょうか
思い入れがないとか そういう事ではなく
思いがあるから 使い切った充実感もあるのです

23年間 十分そばに居てくれました
だから「ご苦労さま」と
清清しく捨てられるのです

先日新しいバッグハンガーを買いました
ようこそ♪

10075-2.jpg


「ひとつ買ったらひとつ捨てる」

今回とーーってもストレートな行動ができましたが
それは
私の持ち物がすべて
私のそばで十分働いてくれるから

いつも私のバッグの中に入っていたバッグハンガー
今までありがとう
これからは この新しいバッグハンガーが
私のそばに居ます
母も天国で納得してくれいてると思います♪

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。