FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


皆様 素敵なお正月でしたでしょうか
今日は仕事始めの方も多いと存じます
私の住まう街も 今日から「ゴミ出し解禁」
なんだかほっとします ほっ
お正月は通常より多くのゴミが出てしまいがち
よほど意識していないと
「せっかく大掃除したのに
 なんだか家の中がゴミが多い・・・」と
なってしまいますからね

家の中のものを整理するには
やはりこの「ゴミ収集日」のサイクルが平常になってから
整理は慌てる必要は無く
「自分にとって必要なのかそうでないのか」
モノをよくよく見極めて
今後の自分を改善することに意義があるのです


「整理収納の本」などを読むと
【「いつか使うかも・・・」や
「3年間使わなかったもの」は処分の対象です】
というセリフがよくあります

確かに ひとつの目安にはなります

ただ それだけでもないと思うのです

これはつまり「使用経験」を言っているだけ

今まで使わなかったものでも
これからの貴女が 家族が
美しく・イキイキと・幸せに暮らせるのならば
無理をして 辛い思いをしてまで
処分する必要は無いのです
経験だけを処分の基準にすると
女性は進化しません

逆を言えば
今まで普通に使っているものでも
しょっちゅう着ているお洋服でも
「使っていて楽しくない」「実は似合っていない」ものが
処分の対象なのです

10135-1.jpg

これは私が10年間使わなかった 編み物の道具
子供が小さい頃は セーターやカーディガンなどを
楽しみながら編んだものです
小学生になると
セーターよりも トレーナーやパーカーを着ることが増え
これはずっとしまったままでした

いわゆる「セオリー」にのっとるならば
これらは「死蔵品」 かも知れません
ただ 自分では「必ずまた使う」ということが心の中にあり
きちんと保管してありました
編み物をしない人から見れば
「こんなにたくさん棒針って要るの?」と思われるでしょうが
結論を言うと「必要です」 ピース

娘からのリクエストで
お正月休みを1日使って編んだマフラー

10135-2.jpg

こんな事で喜んでくれるのなら
おやすい御用です グー!
寒いから 暖かくしてね 「いってらっしゃい」 ハート




スポンサーサイト



 | BLOG TOP |