FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


これ何だと思われますか

10141-1.jpg

中学受験の小学生が
1年間に塾でもらう教材とプリントです

はじめにお断りしておきますが
これは「中学受験で塾に通う小学生」の場合のお話です

いわゆる「受験」は
一般的には「中学」「高校」「大学」
そしてやや特殊な例として「幼稚園」「小学校」
になるかと思います

このうち「高校」「大学」は本人主体
「幼稚園」「小学校」は 
はっきり言えば「親が主体」
と言えると思います

実は「中学受験」だけは親子二人三脚

本人主体ではあるのですが
極端な言い方をすれば
「親がどれだけ管理できるか」が
非常に重要になってくると思います

整理収納で 受験家庭の悩みの大きな比率を占めるのが
「塾でもらったプリント類をどうすれば良いのか」

我が家ではその学年のものは
すべて残していましたが
それの総量が最初の写真になるのです

はっきり言いますね

「これを小学生に管理させるのは無理です」

と言いますか
これを整理収納するのに
本人が時間を消費するのは あまりにももったいない
ということなのです
そして 塾のデータでも
整理整頓に熱心すぎる家庭よりも
少々散らかっている子の方が
合格率が高いというお話もありました
 ※注 決して「散らけた方が合格する」という話ではありません

私はこの写真が撮りたかったので
 (1年間にもらうプリントや教材の量を知るため)
残しておきましたが
極論すれば ショートテストや漢字の書き取りなどの 
終わったプリントは捨てても大丈夫です
親御さんは「どうやって保管しようか」と
頭を悩ませていらっしゃることと思いますが
塾から「これは残しておきなさい」と言われたもの以外は
「消耗品」なのです
塾によって色々な指導方法があるはずです
プリント主体だったり テキストとノートが主体だったり・・・

もちろん 自主性は大事です
でも とにかく中学受験の場合は
「子供には手におえない量の紙の量である」
ということを 親御さんは理解していただきたいのです
だから 
「プリントちゃんとしなさーーーいっ」 とか
「机を片付けなさーーいっ」 ではなく
紙の管理に関しては 
親御さんが して差し上げて欲しいのです 
ファイリングなんて出来なくても構わないのです
終わったプリントなんて 教科別に箱を作って
そこにどんどん放り込んでいくだけで十分
まず見返すことはありません
ただ「手元にある」だけで
親が安心しているのです

塾では必要なプリントは必要なときに
いつでもくれるものなのです

まだまだ 小学生なのです
学校の宿題もあります
もちろん 塾の宿題もあります
寝る時間 食べる時間 息抜きの時間
すべて大事な時間です
子供にとっては 1日24時間でも足りません

10141-2.jpg

これは 毎年この季節売り出される
「合格に引っ掛けたお菓子」
中学受験を経験した長女の同級生がが
我が家の次女のために
寄せ書きとともにプレゼントしてくれました

子供にとって必要なのは
「周りがあなたを応援しているよ」という
プレッシャーにならない優しさ
長女もお友達も みんな経験者
どんなことが心強かったかわかってくれているのですね jumee☆thanks2
 
おかげさまで我が家の場合
長女は2年前
次女は今回 第一志望校に合格することが出来ました

「中学受験に限っては親子二人三脚」

これから中学受験をされる皆様へ
何もかも親がお膳立てというのはいけませんが
本人が安心して勉強できる環境は
作ってあげてくださいね

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |