FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


10256-1.jpg

ついに割ってしまいました・・・

結婚して 初めての私のお誕生日に
夫のお友達の奥様からいただいたマグカップ

18年前になりますが・・・

当時は マグカップなんて
ほぼ 頂きものか 何かの景品で
「マグカップを自分のために選ぶ」なんて習慣は
全くなかったものです

「お誕生日 おめでとう
 自分のために マグカップなんて買わないでしょ?」
と言われ
とても嬉しかったのを覚えています

私は紅茶が大好き
毎朝 たっぷりのミルクを入れて
がんがん飲まないと 目が覚めない(笑)
「がんがん飲む」のですから
茶葉とポットで なんて待っていられなくて
ティーバッグをざぶざぶ ですけど・・・

このミントンのマグカップをいただいたのをきっかけに
その頃から 少しずつ食器を買うようになりました

今 我が家の食器は
このマグをきっかけに買いだした
ミントンのハドンホールのシリーズ
そしてウエッジウッドのシリーズ
 ↑ これもいただいたものがきっかけ(笑)
そして 白い食器と それに合わせたビレロイボッホ

結婚当初は 親が持たせてくれた食器を
なんともなしに使っていたのですが
よくよく考えると
ほとんど 親が引き出物でいただいて
長年 押入れに入っていたようなものばかり(笑)
よくよく考えると
親の好みでもなく まして私の好みでもなく・・・

このマグカップをいただいたことをきっかけに
「自分が気に入った食器で食べたいな・・・」
と思うようになりました

かと言って 当時
一気に買い揃えるだけの財力はありませんし・・・

少しずつ 少しずつでしたが
今では 全て自分が選んだ食器に入れ替わっています

整理収納で
お洋服・本・そして食器が
代表的なお悩みかと思います

処分に困るとは言え
お洋服は
着られなくなったり いたんだりすれば 
処分の踏ん切りもつきます
本も 古紙回収に出したり
リサイクル店に持って行ったり
もういいや と思えば 処分できます

でも 食器は・・・

なかなか割れませんね・・・(笑)
腐りもしないし・・・ 
箱がなければ バザーにもリサイクルショップにも出せない・・・
ちなみに
ネットオークションなんかでも
ブランド食器以外は まず売れません
まして 中古食器なんて 何をかいわんや・・・

食器だけは 自分で
「使い切った」
と 思わないと まず減ることはありません

だからこそ もしかしたら 
手に入れるときに 最も慎重になるべきアイテムかも・・・
と 思うのです

10256-2.jpg

今回は まさに寿命が来て 割れてしまったので
新しく 自分のために買い求めました
いつも新しく食器を買うときに行くのが
京都四条の ル・ノーブル
http://www.le-noble.com/index.html
 (店舗は京阪神にしかないようですが
  ネットショップは下の写真から行けます)


■ウェッジウッド(Wedgwood) ストロベリー&バイン ビーカー(マグ) 0.25L 



たしか 先日m.chikakoさまとご一緒したときに
お買い上げのものと同じシリーズかな?


家にあるものの中で
余程意識していないと
増える一方の食器
増えてしまっても 
なかなか処分に気が引けるのも食器

今回 私は2個のマグを買いましたが
処分したのは 割れたものを入れて4個

ちょっと食器棚を見渡して
数が減ってしまったセットものや
長年使って 柄がはげてしまったものなど
「えいっ」と処分してみてはいかがですか?

ちなみに 私の「食器の寿命・処分」の目安は

お客さまに出せるかどうか


そして
なんだか 今は気に入らないな・・・と思ったなら
それも 食器の「寿命」だと思いますよ

見た目にはまだまだ使えそうな食器を処分する・・・
ちょっと辛いかもしれませんが
その辛さを知った人は
安易にモノを手に入れなくなり
安易にモノを増やさなくなる・・・
一生・トータルで考えると
捨てずに溜め込んできたものを処分する量よりも
一度 辛い思いをした人の方が ずっと少ないはず

ひとつひとつ ものときちんと向き合うことで
お気に入りのものに囲まれた生活が
きっとあなたを待っているのだと思うのです
そして そういう暮らしをしている人には
不思議と
「困ってしまう頂き物」なんて入ってこなくなるのです


だって 我が家にマグカップがやってきたのは
18年ぶり なのですから・・・ダイヤ





スポンサーサイト



 | BLOG TOP |