FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


今日は長いブログになります スミマセン 



我が家では 夫が夕食時にいない日のことを

「Xデー」 と呼んでいます(笑)
(↑漫画 あたしンち でもそうだった♪)

私と娘は
美味しいお漬物や納豆なんかがあれば
ご飯だけで十分満足 ☆
つまり 
食卓が恐ろしく貧相になる日のことを 「Xデー」と名づけています

昨夜は夫が 「夕飯は要らないから」と・・・

そう 昨日は X-day ^-^

「今日のXデーは 外食にしてみる?」の問いに
娘達も喜ぶこと(笑)

娘達は見たいテレビがあるからと
長居せず ぱぱっと帰宅すべく
車を走らせていると・・・・

長女が 「何あれ?」 と 病院を指差します
入り口から 人が溢れているのです

「インフルエンザの人じゃないの?
なんか みんな しんどそう・・・」 と長女

ちょうど信号待ちだったので 私も見てみると
辛そうなお子さんや 支える親御さんの姿

「そうかもしれないね・・・」

インフルエンザの予防接種について 
我が家では 既に 結論を出しています

それは

「接種を希望しない」
ということ

少し前に ワクチンが不足で
海外から輸入する ということ
そして 優先順位が発表されましたね

私と夫は 最下位(笑) そして 輸入ワクチン
娘達も 最初は輸入ワクチン枠でした

その【当時】に 家族会議(?)にて
娘達に

ワクチン接種は2回の様子
そしておそらく輸入ワクチン
この輸入ワクチンには
国産のワクチンより 1種類だけ多い成分が入っている
はっきり言って 副作用の可能性はゼロではない
そして 考えられる副作用はこうである
副作用が出るか出ないかは 親でもお医者様でもわからない
ただし 新型インフルエンザの死者は出ている
持病のある人もあれば そうでなかった人もある

さあ あなた達 どうする?  と

娘達は はっきり言いました

「予防接種はしない
学校でも流行して 学校閉鎖や学級閉鎖になってる
周りの友達は もう罹ったけど私たちは罹っていない
罹ったら罹ったでお薬飲んで治す
それで死んだらあきらめる」

だそうです
 (もちろん 命を粗末に考えているわけではありません)

ここ数日で
ワクチン接種は1回で大丈夫かも・・・なんてニュースもあり
もしそうなら 娘たちの世代は 国産ワクチンのようです

もう一回聞きました
「国産みたいだけど どうする?」

「受けない
だって 本当に国産かどうかアヤシイやーん(笑)
見た目でわからへんもん    (←不謹慎な娘ですみません)
だから 罹らないようにできる予防はちゃんとする」

 
私が子供の頃
ご近所で 水疱瘡やおたふく風邪 
はしかなんかに罹ったお子さんがあれば
「アンタもうつしてもらい」
なんて 乱暴な育てられ方をしたものです(笑)
そして 学校では インフルエンザの集団接種が毎年あり
 (是非はさておき
  これがなくなったから国内生産能力が落ちたんですよね。。)
お布団の中で 子供の浅知恵ながら
体温計を必死で温めて
なんとか注射を回避しようとしたり・・・
それでもやっぱり平熱で接種参加(爆)
その注射も 「3人回し打ち」 ← 今や考えられない
「2人めが痛くないんだよーー」なんて
わけのわからないジンクスがあって
列に並びながら 「自分は何人目?」と
一生懸命数えたものです
本当に乱暴な時代だわ・・・


そして こんな記事を見つけました




新型インフルにカテキンが効く?徳島文理大が解明

2009年10月22日(木)04:25

 緑茶成分のカテキンが、新型インフルエンザウイルスの心臓部に直接作用して増殖を抑えることを徳島文理大学の葛原隆教授(薬学)らが突き止めた。

 緑茶に抗ウイルス作用があることは知られていたが、仕組みがわかったのは初めて。

 新型やAソ連型などのA型ウイルスは、増殖に不可欠なRNAポリメラーゼという酵素を持ち、人間や豚の細胞中のRNAという物質を切断して新しいウイルスの材料にしている。

 葛原教授らが、A型ウイルスからこの酵素を取り出し、緑茶に多い5種類のカテキンを一つずつ加えたところ、2種類で酵素が働かなくなった。この2種類のカテキンと、酵素の分子の立体構造をコンピューターで計算し、重ね合わせると、酵素分子の表面にある複雑な形のくぼみに、カテキン分子がすっぽりと入り込むことがわかった。くぼみの中にはRNAを切断する「刃」があるが、カテキンがふたをし、働かなくしていた。

 カテキンは腸で分解され、緑茶を飲むだけでは抗ウイルス効果は弱い。葛原教授は「構造を少し変えて腸で分解されないようにするか、吸引式にすれば、効果的な新薬になる」と言う。

記事URL
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/science/20091022-567-OYT1T00039.html




日ごろ 普通に緑茶を飲むくらいではダメなようですが
効果は皆無ではないようです

娘達も 結論を出したなら
「責任を持って 出来る予防は全部する」
という覚悟をもって
規則正しい生活をし 体力と抵抗力をつけて
これからに備えて欲しいと思います

もちろん私も
「出来る予防は全部する」
つもりです

ウイルスですから
「病は気から」だけですまないことはわかっていますが
抵抗力のある身体作り・
そして規則正しい生活を実現させてあげるのも
親の務めかと思います
「ワクチンさえあれば大丈夫」という
横着な気持ちにはならないようにしたいな と
自戒したいと思います

スポンサーサイト



 | BLOG TOP |