FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


母の日

今日 5月10日は母の日でしたね 

子供の頃は
「3月3日が女の子の日(ひな祭り)で
 5月5日が男の子の日(こどもの日)で
 9月15日がおじいちゃんおばあちゃんの日(敬老の日)で  
  ↑ ※昔は固定の祝日でした
 ナンデ【父の日】と【母の日】は日にちが決まってないんだろ?
 ナンデおひな様の日だけ お休みじゃないんだろ?」 と
とーーっても子供らしいギモンを持っていました 

オトナになった今
このギモンが解決しているわけではないのですが・・・(笑)

皆さまは素敵な母の日を過ごされましたか?

私の場合は
母の一周忌法要でした
良くあることですが
きっちり命日ではなく
お寺様や親戚と日程を合わせて
たまたま母の日となりました

母はお茶目なひとでしたから
私たち姉妹が
命日を忘れないように
【母の日】がやってくる5月に
旅立ったのかもしれません


10196-1.jpg


8年前
父が亡くなって3ヶ月後
くも膜下で倒れ 緊急手術となりました
この手術は 頭蓋骨を丸く切り取って行うのですが
手術後は脳が腫れるため
その場では骨を戻しません
腫れが引いた後 再度手術をし
切り取った頭蓋骨を元の状態に戻してから退院となります


一度目の手術が終わった母は
家の事ばかり気にしていました
孫の世話や 父の仏壇のお花の世話・・・
「早う帰りたいわぁ 早う帰りたいわぁ」とそればかり(笑)

「はいはい ちゃんとしておくから
 おとなしくしてらっしゃいな」と
何回も同じ話を聞かされる私と姉は苦笑い


二度目の手術の日が決まり
「やっと帰れるわぁ」と それはそれは喜んでいました

骨を元に戻すだけという 比較的簡単な手術との事で
当日は姉だけが付き添いました

「これから手術やから・・・ 30分くらいらしい
 また終わったら電話するし」 と姉からの電話

2時間ほどして電話がありました




「危篤やからすぐに病院に来て」



骨を元に戻す際の圧力で
脳の他の血管が破裂してしまい
一命はとりとめたものの
その日から母は植物状態となりました


早う帰りたいわぁ と言っていた自宅に
生きて帰ることはありませんでした



そして 間に合わなかったあの日から
もう 一年経ってしまったのですね


10196-2.jpg



「おかあちゃん
 おかあちゃんが長~いこと寝てる間に
 孫はみんな こんな大きいなったえ
 みんなおかあちゃんの話するときは
 『キヨコちゃんがな・・・』って 
 だーれも『おばあちゃん』なんて言わへんし
 心配せんでも みんな元気で暮らしてるえ
 向こうでパパと仲良うしいや
 パパは7年も待ってたんやし  な (笑) 」






コメント

よく似てますね(*^。^*)

>母の一周忌法要でした

みんなが気になる特別な日に皆さまがあつまって、
思い出話に花がさき・・・話はつきず。
本当の母の日ですね。v-22

そして、日本中誰もが母の日に皆が色んな思いを語り、
思い出す日。v-25
本当に良い幸せな時期を自分でお選びになられ
たのですね。v-254
お写真もとっても素敵な笑顔で(やっぱり似てますね)v-266


さきちゃんさま

>お写真もとっても素敵な笑顔で(やっぱり似てますね)

子供の頃から 父にも似ず
母に似ていると言われたことも無く
「ハテ?私は一体誰に似たのかしらv-236」と思っていたのですが
さきちゃんさまに言われて写真を見ると
「そー言われると どこか似てるのかな・・・?」と・・・e-317
何だか「写り方」が似ているような気がしてきましたv-411
そのへんが「親子」なのかしら?(笑)v-344


似てます

笑った口元なんて、よく似ていらっしゃるe-343

7年も寝ていらしたのは、お父様を亡くされたばかりの尾野さまとお姉さまの心の準備をさせるために頑張ったからなんでしょうね・・・

母心を感じてしまいますe-414

>そして 間に合わなかったあの日から
>もう 一年経ってしまったのですね
間に合わなかったのではなく、お母様が去る姿を見せたくなかったのかもしれませんねe-330

尾野さまのブログを読んでいて・・・
母も父も健在で近くに住んでいて、たまに喧嘩することもあるけれど・・・
有難いことだと感謝しなければe-441と・・・
つくづく実感いたしましたe-263

尾野様そっくりのお嬢様の成長を天国でお父様と一緒に微笑みながら見ているのでしょうねe-266

すまちゃんさま

>間に合わなかったのではなく、お母様が去る姿を見せたくなかったのかもしれませんね

・・・なるほど そうなのかもしれませんねv-21
我が家から5分ほどで行ける病院だったので
どうして間に合えなかったのかと
ずっと重かったのですが・・・
きっとそうなのですね ありがとうございますv-238

>母も父も健在で近くに住んでいて、たまに喧嘩することもあるけれど・・・
>有難いことだと感謝しなければと・・・
>つくづく実感いたしました

昔 着付けを教えていただいた先生が
「親は生きてくれているだけでありがたいものよv-252
とおっしゃっていました
母が寝ている間は
正直 実感としてわからなかったのですが
今は心の底から理解できていますv-20
すまちゃんさまも ご家族ご両親をお大切になさってくださいね e-266

今更ですが・・・

書き込み遅くて、すみません。v-356

7年の歳月は、お母様にとっても、
早映子さんにとっても、
きっと、必要な時間だったのだと思います。


私、思うのです。
一番の供養とは、その方を ずーっと
忘れないでいることだと・・・v-353


新緑v-22まばゆい季節の母の日に、
お母様との思い出を語り合われるのは、
お母様も さぞお喜びのことと思います。

天空e-69にて、最愛のお父様と共に、
目を細めながら、
皆様を 見守り続けて下さることでしょう。


最後に一言。
お母様と早映子さん、似ていらっしゃるのは、
「お茶目」な部分もe-319だと思うのですが・・・
如何でしょうかv-361(笑)

marilynさま

>7年の歳月は、お母様にとっても、
>早映子さんにとっても、
>きっと、必要な時間だったのだと思います。

ありがとうございますv-22
きっとそうなのでしょうねv-21
もし再手術のときに逝ってしまっていたら
1周忌に思い出話で笑い転げることはなかったかもしれません(笑)
私たちがいつも笑っていられるように頑張ってくれたのかしらv-236

>一番の供養とは、その方を ずーっと
>忘れないでいることだと・・・

もう母の日v-254が来るたびに思い出しちゃいます(笑)
母の作戦かもと思わず勘ぐってしまいそうe-236

>お母様と早映子さん、似ていらっしゃるのは、
>「お茶目」な部分もだと思うのですが・・・
>如何でしょうか(笑)

「いい勝負」かもしれませんが(笑)母の方が強引e-405

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |