FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


10252-1.jpg

先日 久しぶりに京都会館に出かけてきました
第1ホールなんて何年振りでしょ(笑)

10252.jpg

というのも
次女の通う中学の学園祭行事が
ここで行われるのです キラキラ

各学年の発表は2年生以上で
1年生は上級生を観るのですが・・・
それらに先立ち
オープニングは 管弦楽部の演奏
次女は管弦楽部なのです violin

2年生以上の保護者の方々は
それぞれの演劇の発表の時間を見計らって
おいでになるのですが
管弦楽部の保護者は 当然朝一(笑)
ワタクシも例外ではありません
開場前から並びましたとも♪

中学で 吹奏楽部のある学校は多いのですが
管弦楽部のある学校は非常に珍しいとのこと
もちろん わが娘も
まさかそんなとこ(笑)に入部するなんて
思ってもいませんでした
1年生ですから 半年前までは小学生
中には バイオリンを習っているお子さんもいらっしゃいますが
ほとんどが それ以外「未経験者」だったのです 若葉マーク

曲目は まず「カレッジソング」で始まり
続いて 「スターウォーズのテーマ」と「威風堂々」

10252-2.jpg

もう うるうるきちゃいました うるうる← 親ばかですな ハイ
もちろん 我が子だけにではなく
そこで演奏している全ての生徒さんに・・・

おそらく この生徒さんたちが小学生のときに
ファゴットだのチェロだのホルンだのなんて
見たことも まして 触ったこともないはず
それが わずか数ヶ月で 人前で演奏できるようになるには
どれだけの努力をされたのかしらと思うと
私の年齢のせいもありますが うるうるきてしまいますかおまる

次女の担当は パーカッション 太鼓
タイミングさえ間違わなければ
足を引っ張ることもなかろうと・・・
他の親御さんよりは安心して見ていましたが・・・(笑)

もちろん 大人のオーケストラの演奏には
まだまだ足元にも及びません
でも 6月の時点では
ほとんどの生徒さんが 音を出すのがやっとだったのです
それが 「威風堂々」ですもの・・・キラキラ

それぞれが 自分のパートに責任を持ち
こつこつと まさに こつこつと練習を重ね 
真面目に取り組むことが
大きな結果を生み出す
 ということを目の当たりにし
忘れていた何かを 「中学生さん」に教えてもらったような
そんな気がしましたハート

次の発表はクリスマスクリスマスリース
また少し上達した姿を見られるのね と思うと
何年かぶりに 「クリスマスが待ち遠しいハート」 って
思えるようになってきました

まだまだ先のような気もしますが
あと二ヶ月ちょっと なんですよね・・・早っ汗(笑)



コメント

いやぁ~ん!!私もウルウル・・・

なぜでしょう??
ブログを読んでいるだけで尾野さまの感動が伝わってきて
ステージの写真をみたらウルウルしてきた私v-12

でも・・・
開く、前から並んで待つほど見学者が多いのですか?
すご過ぎe-451
尾野さまの性格から並ぶのは苦手なはずなのに
さすが母e-420
愛する娘のためなら苦手なことでも大丈夫なのですよねe-348

それにしてもステージ凄くないですか?
宇佐の田舎では見たことがないようなステージですが・・・e-263
しかも・・・
田舎者の私には『パーカッション』なるものが、どんな楽器なのかもわかりませんが・・・e-263

こつこつと まさに こつこつと練習を重ね 
>真面目に取り組むことが
>大きな結果を生み出す ということを目の当たりにし
忘れていた何かを 「中学生さん」に教えてもらったような
>そんな気がしました

その尾野さまの言葉でさらにウルウルした私e-330
私も真面目に取り組むことで大きな結果が出せるように
次女さまに負けないように頑張りますわぁe-287

今日は次女さまから勇気とパワーを頂きましたe-271

とりあえず・・・
明日の弁当作りに真面目に取り組んで見ますe-319

すまちゃんさま

>ステージの写真をみたらウルウルしてきた私

あらら ありがとうございます♪
楽器の生の音って やはり良いんですよ ^-^
プロではないけれど そこはやはりオーケストラ
なんだかじわーーっとうるうるきちゃいます えへへ

>開く、前から並んで待つほど見学者が多いのですか?
>すご過ぎ

んーー 予定より若干開場が遅れたというのもあるのですが・・・
親御さんだけでなく
祖父母と思しき方々もあり・・・(笑)
ここね 入学式のときも
私や知り合いは 母親一人でしたが
ご近所なのかな? 両方の祖父母に両親と
総勢6人の「付き添い」というツワモノもあり・・・(笑)
入学式の礼拝堂は物凄い状態でした(汗)

>それにしてもステージ凄くないですか?
>宇佐の田舎では見たことがないようなステージですが・・・

ひと昔前までは「京都会館」は京都で一番メジャーなホールで
クラシックにしてもアーティストにしても
コンサートは 京都ならココ ← 音響はさておき(笑)
もちろん 郷さんも永ちゃんもありましたよ♪
だから
「中学の学園祭の演劇」をここですると知ったときはびっくり(笑)

>『パーカッション』なるものが、どんな楽器なのかもわかりませんが・・・

えっと パーカッション は 打楽器全部♪
今回はバスドラ(大太鼓)・スネア(小太鼓)・トライアングルでしたが
マリンバ(大きな木琴)・グロッケン(手に持つ鉄琴)やシンバル・
上級生になればティンパニもやります
とにかく 「叩いて音を出す」係 (笑) 
勇ましい曲でないときは ヒマなの(爆)

>明日の弁当作りに真面目に取り組んで見ます

もうUPされてるかしら?
では びっくりしにそちらへ参ります♪

ふぉぉぉぉー!

中学生のオーケストラ部♪
私のところにはありませんでしたねー。
高校になってようやく県に2校、だったような?
で、そのうちのひとつに入部しておりました。
ハイ、幽霊部員でしたが。

さすがに、中学生時代に吹奏楽部で音符やリズムに慣れている子達の中で、中学生時代をぼけーっと(運動音痴解消のため少しだけ運動部に在籍)していた私がついていけるはずもなく、みんな初心者だろうと選択した弦楽器。しかし、ピアノ経験者などなどなどスタートラインからすでに違っておりました。
でもでも、いいですよね、生の楽器の音。
そして、入部したての頃は楽器の扱いさえたどたどしかった部員がひとつの曲を響かせるべくそれぞれの役割を果たす。

でも私、なぜかチューニングの音でわくわくしておりました(謎)

高校生にもなると、背伸びというか、悩める高校生の心境を表しているというか、ブラームスだったりチャイコフスキーだったりの重厚な楽曲がよく演奏されておりました。
名曲ですが、客受けはどうなのだろう?・・・暗い、そして、学生ゆえに?青い。
だって、やはり人生経験の差といいますか、深みがないというか。やはり若さに任せて突っ走れ!って感じの勢いのある曲のほうが盛り上がるような気がします(笑)
ま、悩める学生のドロドロ感は出ていたかもしれません♪
いま改めて考えると(苦笑)

パーカッション、すごいですね!とっても目立つ楽器です。
そして大事な大事なリズム隊。
いつか、演奏を聞いてみたいです。

ちーめいさま

>で、そのうちのひとつに入部しておりました。

あら 先輩ですね ^-^
色々教えていただかなくっちゃ♪

>でもでも、いいですよね、生の楽器の音。
>そして、入部したての頃は楽器の扱いさえたどたどしかった部員がひとつの曲を響かせるべくそれぞれの役割を果たす。

>でも私、なぜかチューニングの音でわくわくしておりました(謎)

いや本当にいいんですよね 生の音♪
まだちょっと暗いステージで
バイオリンの1音が出て だんだんといろんな音が合わされて
曲でもないのに そこでうるうる(笑)

>だって、やはり人生経験の差といいますか、深みがないというか。やはり若さに任せて突っ走れ!って感じの勢いのある曲のほうが盛り上がるような気がします(笑)

ここはやっぱり「突っ走れ」系の曲が多いみたいです(笑)
パーカッションの出番を作るための選曲?なんて思っちゃうくらい(爆)
中学ではあまり重厚な曲はやらないみたいです 青いし♪ うふ♪

>パーカッション、すごいですね!とっても目立つ楽器です。

ひとり 立ってるから写真は見つけやすくて良いのですが
厳命として
「悪目立ちだけはするな」と(笑)
「あれ パーカッションいたっけ?」ぐらいでちょうど良い ^-^
目立つ = 間違う ってことにも思えちゃう(笑)
入部した日に 「特に希望の楽器はないので何でもやりまーす」
と言った瞬間に
「パーカッションやって!」 で 即決まりだったらしいです(笑)
MYスティックが鞄からちょっと見えてなかなかナマイキですの ^0^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |