FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


10253-1.jpg

来週から リフォームに取り掛かります さとと-キラキラピンク

京都市内の小さな小さな古い家 家
面している道も狭く
撤去処分の残材も積み込みにくく
材料の搬入も なかなかに困難・・・ 汗
工事としては非常にやりにくい場所です
そもそもは 水周りの老朽化のため
リフォームに踏み切ったのですが
予算もなく
完成の理想云々よりも 
いかに予算内に収めるかが 最重要課題 うーん
本来なら 全部取り壊して 新たに作ったほうが 
うんと割安な工事なのですが
そこは 予算の都合上 
1階のみのリフォームです ふう…

何よりも「予算内」が重要ですから
私が施主に言ったのは
「希望に沿うように頑張るから 予算内になんとかするから
 材料や仕様などは ほぼ一任してほしい」・・・と

ワタクシ 結構な 無茶 言ってますね・・・(笑)

尾野工務店が通常リフォームをお受けするときに
こんな 偉そうなことは 絶対に申しません
では 今回 なぜかと言うと・・・

10253-2.jpg

この 古い古い 小さな小さな家は
私の実家なのです エヘ

両親はすでに他界し
現在は姉家族が住んでいて
そう 「施主」は私の女性

「京都市内の古い家」と言うと
必ず
「町家?」
と聞かれるのですが
私自身は「町家」とは思ったこともなく
ただ 間口が狭く 奥まで土間が続き (実家は床にしてありますが・・・)
お手洗いは 家の一番奥にあり
全体的に 暗~い寒ーーーい家(爆)アップロードファイル
世の中の家を
「町家か町家でないか」のたった2つに分けるなら
町家かもしれませんが・・・・(笑)

ちなみに 京都の古い家って
 めちゃめちゃ寒いです
 冬なんて 朝起きたら
 室内でも 白い息が出ますのよ・・・(笑)


姉家族には 女子大生が2人
我が家には 女子中学生が2人
そして姉と私は2人姉妹
法事やお盆 お正月は 必ずここに集まって 
かしましいながらも皆でワイワイ食事をし
その中 唯一の男性である我が夫は
黙して語らず ひとりビールを味わうのが恒例 beer
ここの 「女子大生」に
リフォームの希望を聞いたところ
「どうしても残して欲しいのは たったひとつ」 と・・・

10253-3.jpg

 あははっきゃっ 傷だらけの柱です (笑)

この柱は この娘達4人の 成長の記録

♪はしらーの きーずーは おととーしーのー
 ごーがーつー いつかーのー せいくーらーべーー♪
♪

の歌詞通り
この子達が お正月に集まる都度
身長を刻んでいった柱なのです
おととーしー どころか
娘達が つかまり立ちができたときからずっと
80cmくらいからずーーーっと刻んであります(笑)

予算内に納めることが重要でも
全体のベースカラーは 好きにできます
姉の希望では 明るいブラウンからベージュ

当然 この柱の色は 合いません

でも いいんです

カラーコーディネートより
インテリアコーディネートより
この柱をこのまま残すのが 
一番大切にしたいことなのです ダイヤ

この柱を 壁に取り込んでしまったほうが
部屋も広く使えるようになります

でも いいんです

「この柱が 見えなくなるくらいなら
部屋の真ん中に この柱があっても構わない・・・」 と・・・アップロードファイル
だから 壁には取り込まないのです 電球

10253-4.jpg

この子たちが赤ちゃんの頃から
ずっと「せいくらべ」をしてきた
古い古い傷だらけの柱
新しい柱にするか 塗装しなおせば
「キレイ」にはなります
でも
カラーコーディネートよりも
インテリアバランスよりも
もっと大事にしたいものがあるというのは
そこに暮らす「人」が主役であるという
当たり前のことに突き当たる
そんな気がするのです


今度のお正月は
新しくなった家で
「せいくらべ」ができそうです 姫1号にっこりsayacat女の子

ところで施工責任者のMYダーリン 
床の高さ 変えちゃダメよ(笑) よろしくね ハート






コメント

大事な歴史ですね

>ここの 「女子大生」に
>リフォームの希望を聞いたところ
>「どうしても残して欲しいのは たったひとつ」 と・・・

姪御さんたちも素晴らしい成長を遂げていらっしゃるe-420

快適さや見た目の美しさでなく
歴史や思い出を重視できるとはe-460

綺麗に改装したご実家をブログでアップして頂くのも
楽しみですが・・・
改装したあとのこの柱の存在を見せていただける方が
ずっと楽しみe-420

尾野さまとお姉さまが過ごした思い出と
姪御さんと尾野さまの二人のお嬢様の成長が詰った
歴史をこの柱に残して
ご実家が素敵に生まれ変わるわけですねe-348

カッコイイ旦那さまe-266
頑張って下さいましぃ~e-343

すまちゃんさま

>姪御さんたちも素晴らしい成長を遂げていらっしゃる

はははっ どうなんでしょ(笑)
でも 最近の若い子(この言い方が笑える)は
こんな昭和のニオイのぷんぷんする家が好きみたいで
彼女たちのお友達ですら
「この家 なんか落ち着くぅ♪」と・・・(笑)
古いだけの家なんですけどね (^-^;)

>改装したあとのこの柱の存在を見せていただける方が
>ずっと楽しみ

この柱 改装後は
リビング (と言うよりは 【お茶の間】だな・・・)
の真ん中に デン!
と残っちゃうの(爆)
思い入れも何もない方から見れば
きっと邪魔なだけだと思うけれど・・・ね(笑)

>尾野さまとお姉さまが過ごした思い出と
>姪御さんと尾野さまの二人のお嬢様の成長が詰った
>歴史をこの柱に残して
>ご実家が素敵に生まれ変わるわけですね

歴史なんてタイソウなものではないのですが
両親がいないから余計に
いろんな場面を思い出すのかもしれません
どんなに静かに歩いても ミシミシいう床や
きちんと閉まらないガラス障子とか(爆)
結婚前 初めて夫を家に連れてくるのは嫌だったなぁ・・・「数寄屋建築工務店」だし・・・あははっ

>カッコイイ旦那さま
>頑張って下さいましぃ~

もう ダンナさんは見積書と首っ引きですの(爆)
アタマ抱えるかため息かの毎日です(笑)












立派な町家です

タイトルを見た時に、あっここは早映子さんのご実家だとおもいました。古くたって思い出が沢山つまっているおうち。いいものです。

ピッシャリ戸締りの出来る現在の家。それはそれでいいのだけれど、縁側に布団をほしてそのまま日向ぼっこできた昔の我家が恋しいです。
住んでいる時は、こんな古臭い家嫌だなと思っていたけれど今となると懐かしいe-514

柱に刻まれた傷は浅くても、思い出は深いものがあるのでしょうね。
ご主人には沢山知恵を絞っていただきましょうv-219
歳をとったら縁側のある平屋が私の理想v-237
その時はご主人におねがいしま~すv-411

m.chikako さま

>タイトルを見た時に、あっここは早映子さんのご実家だとおもいました。古くたって思い出が沢山つまっているおうち。いいものです。

あら ばれちゃいました?
写真にワタシのオーラが写っていたかしら(笑)
強烈な思い出というのは特にないのですが
ふと思い出すのは 日常の何気ない感じだったり
ご飯を食べているシーンだったり・・・
便利な思い出もない代わりに
不自由な記憶もない・・・実家って不思議な場所ですね(笑)

>住んでいる時は、こんな古臭い家嫌だなと思っていたけれど今となると懐かしい

本当に (笑)
当時はテレビで見るマンションなんかもいいなーと思いましたが
ちょっとだけワンルームマンションに住んだことがあって
「あーーアタシには向いてない・・・」と
その日のうちに思いましたね
やっぱり 木のおうちは古くても良いモンです♪

>柱に刻まれた傷は浅くても、思い出は深いものがあるのでしょうね。
>ご主人には沢山知恵を絞っていただきましょう

姪達も娘達も
結構この古い家が好きで(笑)
昔の家って どこか1箇所くらい
「まっくろくろすけ」が出てきそうな箇所があるんですけどね
今の我が家にはありませんが(笑)ちょっと楽しいみたい
寒いのも気にならないのかな?

>歳をとったら縁側のある平屋が私の理想
>その時はご主人におねがいしま~す

「庭付き平屋」は究極の贅沢♪
お任せくださいな
夫から全ての知恵と技術を絞って見せますとも(笑)
そのときは一緒に縁側でお昼寝&昆布茶しましょう♪

良い実家ですね~☆

>この柱をこのまま残すのが 
>一番大切にしたいことなのです 

v-20素敵ですね~思い出が刻んでいて。。。
そういえば。。。私の親戚の家たちもすべて建て直し。
私の実家は家の形ではないし。。。v-12

この写真を見るだけでどれだけこの家に
皆が集まり育っていった証が見るたびに
「そうそう~」話せるのがとっても羨ましいです☆
素敵な実家ですね☆v-22

そして、思い出とともにさらに素敵に☆
とっても楽しみですねv-22

京都って本当にせまいから重機はいらないですもの
ね~って先日大学の課題で京都の鴨川?に近い店のリフォームを(教授が手がけた)見にいき。そりゃ~素敵
な物ふんだんでしたけど。。。金額聞いてビックリ。
重機はいらないからかかるんだよって。。。もう一軒
たつやんって。。。京都って大変って思った所でした。

さきちゃんさま

>この写真を見るだけでどれだけこの家に
>皆が集まり育っていった証が見るたびに
>「そうそう~」話せるのがとっても羨ましいです☆
>素敵な実家ですね☆

本当は「男系」の実家に集まるのがスジなのかもしれませんが
なにしろうちは女系
だからこそよく集まってたのかも とも思うのですけどね(笑)

>そして、思い出とともにさらに素敵に☆
>とっても楽しみですね

なんと言っても予算がないだけに
素敵になるかどうかはアヤシイ・・・(爆)
でも この柱を見ていると
いいお値段だけが全てじゃないなと
ちょっとだけ思います ^-^

>京都って本当にせまいから重機はいらないですものね~って先日大学の課題で京都の鴨川?に近い店のリフォームを(教授が手がけた)見にいき。>そりゃ~素敵な物ふんだんでしたけど。。。金額聞いてビックリ。
>重機はいらないからかかるんだよって。。。もう一軒たつやんって。。。京都って大変って思った所でした。

もう 頼りは人手よ (笑)
現場用一輪車も結構活躍かな(笑)
重機が入ると多少は楽なんですけどね
アーム伸ばす場所もないし(爆)
我が家のあたりは そんなにうるさくないけれど
風致地区系のところは おちおち改装もできないし・・・
京都市内はちょっと大変です ^-^;

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |