FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


この1枚目の写真何だかわかりますか?CDショップのおすすめランキングのようですよね。実はこれ高校生の作品なんです。簡単に言えば「夏休みの工作展」のようなものなのですが、レベルが全く違うのです。京都市立の美術工芸高校の「美工作品展」で京都市美術館にて毎年開催されています。日本画・洋画・彫刻・陶芸・デザイン・ファッションなど様々な専門分野に学ぶ高校生の作品を前に、そのパワーに圧倒されました。自分が15~6歳の頃描いた絵を思い返すだけでも恥ずかしくなります(笑)まぁ比べるほうが間違っていますけどね。この学校の生徒さんは中学3年の時に入学選抜実技があります。鉛筆デッサン、着色写生があり大変狭き門との事。それだけにここにあるのは若き美術エリートたちの作品なのです。

23-1.jpg

今から彼らに負けないような絵を描いたりするのは私にはとても無理な話。でも大いに学ぶべきところは「よくものを観ているところ」。写真と見まごうばかりの絵を描こうと思うと、その形や光の当たり具合など、よくよく見なければ、よくよく考えなければ決して描くことはできません。そしてもうひとつ大切なのが「表現しようとする熱い心」だと思うのです。

23-2.jpg

色彩検定の講義の時に生徒さんたちにお伝えしていたのは「どんな方法でも良いので表現する術を身に付けてください」ということです。資格を取るだけでなくそれを何かの方法で表現することが大切。方法はファッションでもインテリアでも絵でも華道でも写真でも何でも良いのです。「誰かわかってくれないかなぁ」なんて世の中そんなに甘くないです(笑)。これは気持ちにも言える事。心で思っていても実際に言葉にしなければ伝わらないことってたくさんあると思うのです。もちろん立て板に水のごとく喋る必要はありませんが、「相手のために言葉を選び思いを伝える」事は、人として、大人の女性としてこれからも心していきたい事だと思っています。

23-3.jpg
 (二枚目の写真はデッサン、三枚目は日本画です
  それにしても…上手い)

 | BLOG TOP |