FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


 写真は我が家のキッチンです。ご覧になった方はほとんど「本当にここで料理してるの?」とおっしゃいます。私のこだわりは「ビューティフルキッチン」(笑)。もちろん使用中は色々な器具や道具が出ていますが、それぞれの道具などは片付ける場所が確保してあり、使い終わればこの状態になります。
「見せる収納」という言葉は、耳障りの良い言葉です。しかし私が今まで拝見したキッチンで、この「見せる収納」の美しいキッチンというのは残念ながら見たことがありません。厳しい言い方ですが何かこの言葉に甘えているだけのような気がしてならないのです。「見せる」と言うのなら「魅せる」まで極めなければ美しくはなりません。また出してあるものは全て磨き上げたものでなければ不衛生でもあります。

25-1.jpg

 私の知り合いがあるお家を訪問した際、蓋つきの湯のみでお茶を出してくださったそうです。「でもそのお茶は飲まなかった、蓋を開けたら何か出てきそうで…(笑)」との事。よくよく聞けばあまりにもキッチンが乱雑で不潔に見えたらしいです。キッチンはあまりにも日常で客観的に見ることができない場所でもあります。自分や家族には見慣れた景色であっても、訪れた人には「汚いキッチン」に見えてしまうことがよくあるのです。

25-2.jpg

 2枚目、3枚目は私が普段使っているキッチン用品です。「色・形・素材」など必ず揃えています。多くのご家庭で、キッチンがごちゃごちゃする大きな原因のひとつはこれらが揃っていないから。我が家のキッチンの基本は「銀色、スタッキング、ステンレス」。全体がシルバーカラーですから、調理中も見苦しくありません。そして違ったテイストのものは一切ありません。

 キッチンが垢抜けて見えない原因は「妥協」です。もらいものの計量カップ、粗品のタッパー、企業名入りのふきん…などなど、それらのあふれるキッチンに居て幸せですか?私は絶対に嫌。洗剤さえも商品名ラベルが嫌でアクリルのボトルに入れ替えて使っています。キッチンは1日3回、年間1000回以上立つところ。キッチンが美しいと心が豊かになります。一度ご家庭のキッチンを写真に撮ってみて客観的な判断をしてみて下さい。

25-3.jpg

 | BLOG TOP |