FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


 この冬は例年より暖かいようですね。先日の新聞記事では「暖冬のために熊が冬眠できない」なんて記事も見かけました。しかし暖冬といってもこの季節は湿度への注意が必要です。梅雨の多湿の時期は不快感が先にたち除湿に気を配るのですが、低湿にはなかなか気づかないもの。風邪やインフルエンザの予防からも、適度な加湿が必要になります。
 以前形成外科に通っていたのですが、そこに勤務しておられる看護婦さんの肌の美しさに圧倒されました。おそらく30代だと思いますが「博多人形のような肌」という言葉がこんなにもぴったりの女性を生まれて初めて見たと言っても良いほどでした。よく肌のきれいな女性が「なーんにもしてません」なんて謙遜されますが、その方は違いました。はっきりと「何が何でも保湿です。そして紫外線対策を完璧にしなくては」とおっしゃいました。さすが…

32-1.jpg

 1枚めの写真は我が家で使用しているボネコの加湿器です。気化タイプなので加湿しすぎることもなく、また電気代がほとんどかからないのもありがたいですね。蒸気タイプの加湿器は湯気が目に見えて「うるおしてるわ」と感じてよいのですが、加湿しすぎたり、また案外電気代がかかるため若干不便に思います。我が家はFPの家。高断熱・高気密で結露もなくとても快適なのですが、どうしても家の中が乾燥気味になります。もちろん「家」は除湿よりも加湿のほうが簡単なので助かるのですが、この時期だけは湿度の調節は不可欠になります。

 2枚目は化粧水と乳液。右側はestのもの。estでは購入時に毎回コンピューターで肌の水分量や老化具合(?)をチェックしてもらっています。一番左はいわゆるドラッグコスメの化粧水。化粧水は高価だからとか安値だからとかはさておき、量をケチるのが一番良くないらしいです(笑)。もちろんたっぷり使うのは左側。お風呂上りにすぐ、それこそバシャバシャと浴びるがごとく惜しみなく使っています。そして少し落ち着いてから右側の化粧水と乳液を使用します。保湿のためにはコットンではなく手で押し込むようにするのが良いとのことですよ。ちなみに私は化粧水は5~6回つけています。肌が「もういらない」ってなるまでですね(笑)

32-2.jpg

 3枚目は乾燥肌の方に最もおススメのボディ用乳液です。この裏面に「適応症」として『かゆみを伴う乾燥性皮膚・成人、老人の乾皮症』とあるのがいささかショックですが…(笑)初めてFPの家の冬のときに「乾燥肌じゃないから」と加湿を甘く見ていた私はあっという間に脛(すね)の部分がボロボロになりました。寝ている間にかきむしったらしくパジャマのズボンのあちこちが血だらけ…色んなクリームを試しましたが、なかなか良いものはありませんでした。しかしこのフェルゼアDXローションはお風呂上りの水分が残っている肌に薄く塗るだけで1日中しっとり感が続きます。もちろん薬ではないので全ての人に効果があるとは言えませんが「皮膚科に行くほどではないけれどカサカサが気になる」と言う方にはおススメです。左側は愛用のリップクリーム。唇はもちろん目の周りにも使っています。

32-3.jpg

 「乾燥肌は老化のしるし」ショックですが事実らしいです。子どもの頃、お年寄りが新聞をめくったり財布からお札を出したりするのに「ぺろっ」と指をなめるのがとても不思議で、またとても嫌でした。発汗量が減少するため仕方ないことなのですが、私はどんなにおばあちゃんになっても、死ぬまで絶対に指をなめないと心に決めています。指先の保湿と顔の保湿、どちらも頑張って続けていくつもりです。

(クリックすると大きな写真になります)


 | BLOG TOP |