FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


 ご無沙汰してごめんなさい。前回もなかなか更新できずお詫びから始まりましたが…私にとっては師走の次に時間が慌しく過ぎていく季節だなあと実感する今日この頃です。暖かい日が続き春を感じる時が多かったのですが、ここ2・3日は寒いですね。3月だからあまり重装備(?)なものを着るのも…と迷う気温ですね。

35-1.jpg

 今春の装いはメタリックなものを多く見かけますね。金色や銀色の洋服やファッション小物をあちこちで見かけます。しかし大人の女性としては流行だからと全身に取り入れるのはあまり品を感じないのも事実、一部に取り入れることで楽しむのが良いと思います。
 ゴールドとシルバーは「似合う・似合わない」が顕著に現れます。1枚目の写真は私たちがパーソナルカラー診断を行うにあたり、最初に顔の近くに持ってきて肌の色の変化を観察するものです。似合わないドレープ(布)を顔の近くに当てると、顔色がのぼせたように赤くなったり、また病的に白くなったりと変化します。つまり似合わない金色や銀色はその人を不健康に見せてしまうのです。

 しかしやはりゴールドもシルバーも楽しみたいもの。簡単な方法のひとつとしては「似合わない色は顔から遠いところで楽しむ」ということ。ちなみに私はゴールドは基本的に似合いません。かといってシルバー色ばかりというのは楽しくないので、靴やバッグなど顔から遠いところで取り入れるようにしています。また逆にネックレスやチョーカーなど、顔のすぐ近くはシルバーやプラチナのものを主に楽しむようにしています。

35-2.jpg
 
 いずれにしても大切なのは「自分を知る」ということ。まずは第一歩として「自分の顔色を最も美しく見せるのはどんな色なのか」を知るとおしゃれの幅がずいぶんと広がります。ここでいう「美しく」というのは「健康的な肌色」と考えて頂くのがわかりやすいと思います。似合う色がわかれば似合わない色も知ることが出来、またその「似合わない色をもいかにして着こなすか」という挑戦が、色々な場面でそれらにふさわしい装いができるという、さらに進んだ楽しさが増えてきます。
 一般のご家庭にはこのようなドレープはないと思いますが、お手持ちのアクセサリーを顔の近くに持ってきて「ゴールド・シルバー、どちらが似合うかしら」と客観的に観察してみると、また新しいご自身の魅力が発見できることでしょう。

35-3.jpg


 | BLOG TOP |