FC2ブログ

プロフィール

 尾野早映子

Author: 尾野早映子
カラー&イメージコンサルタント

女性がいつも華やいだ気持ちで暮らせるような家づくりのお手伝いをさせていただきますね

◆AFT1級カラーコーディネーター
◆整理収納アドバイザー1級
・ハウスキーピング協会認定講師
◆インテリアコーディネーター
◆キッチンスペシャリスト

★整理収納アドバイザーフォーラム2008コンペティション 準グランプリ受賞


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


 少々気の早いようなタイトルですが、来年までもう50日ありません(笑)。年末恒例の大掃除、今年の予定は決まりましたか?部屋の掃除は、モノが少ないほど、小掃除であろうが大掃除であろうが断然ラク!「今度こそ部屋をスッキリさせたい」とお考えの皆様、実はモノの整理を始めると「コレ捨てよう!」と思うのはいわゆる「不燃ゴミ」が多いことにお気づきになると思います。
 じゃあ、今年あと何回、不燃ゴミの収集がありますか?

 いくら年末だからと言っても、一気に大量のゴミを出すのもいかがなものでしょうか?そろそろ少しずつ計画的に処分する時期なのです。

51-1.jpg


 以前目にしたコラムで「ゴミ袋の大きい女は頭が悪く見える」というのがありました。私が思うには「頭が悪く」というよりは「品がない」のが実感です。ゴミはできるだけ出さないように、きちんと分別し、出すときはコンパクトにと心がけています。もちろん私の出したゴミ袋がわかるというものではないのですが、重くて大きなゴミ袋をヨロヨロと出しているオバサンにはなりたくないなぁ・・・と思うのです。
 
 家をスッキリさせる第一歩は「考えなくて良い単純ゴミはすぐ捨てる」。
それにはゴミの出そうなところに必ずゴミ箱を置いておくこと。そしてそのうちのひとつは大きいものであること。ゴミ箱がすぐ一杯になると、ついつい「あとで」と思ってしまい、単純ゴミすら溜まってしまうのです。
 次は「返せるゴミは溜めずに返す」。つまり、お肉や魚のトレー、牛乳パック、ペットボトルなど、月に2回の回収を待たなくても、いつもお買い物に行くスーパーの回収箱に入れてしまいましょう。「溜まってから持っていこう」と思うのがキッチンがスッキリしない原因のひとつでもあるのです。
 
 1枚目の写真はリビング用ゴミ箱です。右側のプラスチックのものを中に入れ二重にして使っています。レジ袋を使う方も多いと思いますが、がんばってリビングを美しくしても、ひらひらと袋が見えると台無しですからやめましょう(笑)。外側はお金をかけましたが内側は100均で買いました。細かい話ですがレジ袋ってだいたい1枚5円相当。5×20=100。私はスーパーで袋はもらいませんから、すぐに100円分くらいポイントがたまります。「持って歩いても、家にあっても美しくないレジ袋」…ですよ。

51-2.jpg


 2枚目の写真は私の仕事用のゴミ箱(かご?)。大きさがわかるようにティッシュケースを一緒に撮影しました。大きいでしょ?この場所では圧倒的に紙ごみが多いので、フタなしで大きく口を開けたものに限ります。特にDMなどはよほど興味がない限り「もう一度後で見よう」なんて厳禁。DMは目を通せる時間にしか封を切らない、そして開封したらその場で捨てるか、日にちごとのホルダー(2006/8/31の記事)に入れるか、これがコツです。
 
 紙ゴミは資源ゴミになることも多く、新聞やチラシ、段ボールはもちろん、頂き物の化粧箱もすぐにつぶしてくくってしまいます。お菓子の空き箱も開いて出せば資源ごみ。それ以外の紙類はゴミ箱に入れるとき、すとんすとんと丸めず入れるとかさばりません。もちろん個人情報モノはその部分だけハサミを入れます。シュレッダーは使いません。

51-3.jpg


 3枚目の写真はマヨネーズ、というより横のマヨネーズの外袋にご注目いただきたい(笑)。私の住んでいる地域ではこういうプラスチック系の袋などは全て不燃ゴミになります。食料品を買えばこの系統のゴミが出るのは避けられないもの。だからそのまま捨てずに小さく小さく畳んで、開かないようセロテープでちょっと留めてあります。卵のパックは切って重ねる(回収されるところもあるようですが、この地域は捨てることになっています)、など、とにかく「嵩を低く」しています。

 この「コンパクト化」はもちろんゴミの「総量」が減るわけではありませんが、週に1回の不燃ゴミの日に、その袋の小ささに嬉しくなるほどの効果があります。とてつもない大きな社会貢献ができるわけではないので、せめて自分が出すゴミには気を使いたいと心がけるようにしているのです。


 | BLOG TOP |